このページの本文へ

ネオジャパン、『Cobalt Qube』に対応したグループウェアソフト『iOffice 2000』を発売

1999年04月23日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネオジャパンは、Linuxサーバー『Cobalt Qube』に対応した『iOffice2000 Version2.04 Cobalt Qube 2700J版』の販売を開始した。これは、同社が開発するグループウェアソフト『iOffice 2000』をコバルト・ネットワークス(株)の『Cobalt Qube』に対応したもの。“スケジュール管理”、“WebMail”などの全10機能を搭載し、“WebMail”においては、ワープロ、表計算、Faxなどを管理する“文書管理システム”などの機能も提供する。価格は、1サーバー5ユーザー版が3万9800円から。登録ユーザー数に応じて割引価格で購入できる。また、同社ホームページより、製品版のダウンロードが可能で60日間無償で試用できる。

カテゴリートップへ

ピックアップ