このページの本文へ

危険なサイトを事前に警告 ノートン360 3.0が登場

2009年03月06日 15時40分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ノートン・ファイターにもヒーローらしく仲間とビークルが登場
ノートン 360の新版登場に合わせて、ノートン・ファイターにもヒーローらしく仲間とビークルが登場!? プロモーション映像ではバイクで疾走するノートン・ファイターの姿も

 シマンテックから、統合セキュリティーソフト「ノートン 360」の最新版、「ノートン 360 バージョン 3.0」が発売された。高機能ながらパソコンへの負荷が軽いと好評だった「Norton Internet Security 2009」(NIS2009)のウイルス/セキュリティーリスク対策機能を核として、バックアップやウェブブラウジング時のセキュリティー対策など、広範な機能を備えている。

ノートン 360 バージョン 3.0 ウイルス対策やファイアウォールから、バックアップ機能まで備えた統合セキュリティーソフト「ノートン 360 バージョン 3.0」のメイン画面

 同社のセキュリティー製品のラインアップには、ウイルス対策やファイアウォールなど、パソコンのセキュリティー対策に求められる機能をひとつにまとめた「標準版」としてのNIS2009と、ウイルス対策に機能を絞った「Norton AntiVirus 2009」がある。ノートン 360はNIS2009に機能を追加した、全部入りソフトの最新版だ。

 NIS2009はインストール時間の短さやメモリー消費量の少なさなど、パフォーマンス向上に重点を置いたセキュリティーソフトである。そのコアを引き継いだノートン 360も、パソコンへの負荷の低さを特徴としている。インストール時間は約1分で、HDD消費量は約110MB、メモリー消費量はアイドル時で約10MB程度と、軽くなっている。また、Windows自体が持つファイルのように「信頼できるファイル」は、ウイルス検索の対象から外して処理時間を短縮する「ノートン・インサイト」機能も備えている。

ノートン・インサイト IDセーフ
ホワイトリスト式で検索対象を減らし、システム全体に対するウイルス検索の時間を短縮する「ノートン・インサイト」ウェブサイトへのログオン情報や、暗号化保存したい個人情報を保存する「IDセーフ」機能。これらはNIS2009から継承している

 ノートン 360の新しい目玉機能として、セキュリティー上の問題がある可能性のあるウェブサイトを、ユーザーがアクセスする前に警告する「セーフウェブ」が搭載された。

検索結果の横に安全性を示すアイコンが付く セーフウェブが機能した状態では、検索サイトでの検索結果の横に安全性を示すアイコンが付く

 アクセスしようとしたURLをブラックリストと照合して、危険性のあるサイトへのアクセスを抑止する機能は、現在のセキュリティーソフトでは定番となった機能だ。セーフウェブはそれを発展させたもので、GoogleやYahoo!、Live.comでの検索結果に、そのサイトの安全性を示すアイコンを付けて表示し、ユーザーの注意を促す。アイコンをクリックすれば、そのサイトに対する評価の詳細が見られるので、初めて訪問するサイトでも、安全かどうかの判断の一助になる。

セーフウェブが付けたアイコンをクリックすると、評価の詳細が見られる セーフウェブが付けたアイコンをクリックすると、評価の詳細が見られる。不審なサイトが安全か否かを判断するのに役立つ

 そのほかにもNIS2009にはない機能として、パソコン全体やファイル/フォルダー単位でのバックアップ機能や、パソコンの起動時間を短縮するチューニング機能(起動マネージャと診断レポート)なども備える。これらの機能はばらばらのツールとして存在するのではなく、統合化されたひとつのインターフェースから操作できるので、使いやすくデザインされている。また、ユーザーが無償で利用できるセキュアオンラインストレージも提供され、大事なデータやバックアップデータを保存するのに使える(容量はラインアップにより異なる)。

統合されたバックアップ機能 Norton Backup Drive
統合されたバックアップ機能。システム全体やファイルやフォルダー単位だけでなく、「画像だけ」といった条件付きバックアップも可能「バックアップドライブ」と呼ぶ新機能では、Windowsエクスプローラー上にある「Norton Backup Drive」にファイルをドロップするだけでバックアップできる
起動マネージャ 起動マネージャでは、不要なサービスを停止したり遅延起動に設定して、Windows起動の高速化を図る。同種のツールは多いが、サービスごとにパフォーマンスへの影響を評価できるのは利点だ

 製品ラインアップは標準版(店頭パッケージ版とダウンロード版があり)のほか4種類。店頭パッケージ版はいずれもオープンプライスで、標準版のダウンロード版は8480円。ダウンロード版はすでに販売を開始しており、パッケージ版は3月19日から発売の予定。

ノートン 360 3.0(標準版)
無償更新サービス1年分、最大3台までインストール可能、2GBのセキュアオンラインストレージを含む。ダウンロード価格は8480円
2年版
無償更新サービス2年分、2GBのセキュアオンラインストレージ。ダウンロード価格は1万5645円
プレミアエディション
25GBのセキュアオンラインストレージを含む。ダウンロード価格は1万480円
スモールビジネスエディション 5 PC
5台までインストール可能、10GBのセキュアオンラインストレージ。ダウンロード価格は1万6480円
スモールビジネスエディション 10 PC
10台までインストール可能、25GBのセキュアオンラインストレージ。ダウンロード価格は3万1480円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン