このページの本文へ

Denkitribe×bakerスーパーセッション

ニコ動、YouTubeから飛び立つ新世代【動画】

2009年03月09日 10時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ボーカロイドとそれ以外


── 動画サイトデビューは少しだけDenkiさんの方が先輩みたいですが、最初にbakerさんの曲を聴いた印象は?

Denkitribe 「celluloid」が話題になっていた頃、僕はまだ油断していたんですよね。ボーカロイドの初代とそんな差はないだろうと。そうしたらポンポンいい曲が出てきて。「サウンド」が出たときに僕は一番感激したんですけど。

── 「サウンド」は決定的でしたね。僕もあの曲で初音ミクに対する見方が完全に変わった。

baker そう言ってもらえると僕はすごく嬉しいんですけど。

「サウンド」──Denkitribeさんも感激した名作


バイアスのない世界で、どこまで通用するか


── Denkiさんは「よよP」としてボーカロイドの曲も作っていますよね? なぜ「よよP」なんですか?

Denkitribe アカウントを取る時に、アカウント名を考えるのが面倒でyoyodyneを使うことがあるんです。海外のフィクションに良く出てくる架空の社名なんですが。

── トマス・ピンチョンの小説に出てきますよね。

Denkitribe ニコ動もそのアカウント名で取ったら、いつの間にか「よよ」って呼ばれるようになっていました。

── 最初はDenkitrabeとよよPが結びつかなくて、同一人物と知って驚きました。

Denkitribe 隠していたんですよ。バイアスのない状態でどこまでヒット数を稼げるかということで、いろんなテーマを散らして作ったんです。一通り試したところで、実は僕でしたってブログに書きました。

── それは何か目的があったんですか?

Denkitribe ネットを使った草の根的プロモーションに興味があったんです。こんなアプローチをすれば、こんなパスで、こういう人たちがたどり着く。そういうことを、実際に仕掛けて体験してみたかったんです。そこで自らネタを出して実験できることがあるとすれば、音楽かなと。

── YouTubeに上げているインスト曲との反応の違いみたいなものはどうですか?

Denkitribe 相手にしているターゲットが違うんですね。YouTubeは外国人の機材好きを狙ってやっている。ニコ動では、日本の中学生や高校生でも分かってくれるようなものを作っています。

「愛が足りない」──よよP名義で

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン