このページの本文へ

アイシロン・システムズが新ラインナップを市場投入

「ペタ」まで増やせるスケールアウトNASに新製品

2009年03月11日 10時00分更新

文● 大谷イビサ/ネットワークマガジン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

簡単に容量を増やせる拡張性の高いNASとして注目を集めるクラスタストレージのジャンルを切り開いたアイシロン・システムズが新製品を投入。パフォーマンス重視、アーカイブ・バックアップ重視などの新ラインナップの追加で、新たな顧客の開拓を目指す。

 3月4日、アイシロン・システムズ(以下、アイシロン)は都内で発表会を開催し、スケールアウトNAS(Network Attaced Storage)の新製品を追加した。発表されたのは、Isilon IQのXシリーズ1機種とSシリーズ、NLシリーズという新ラインナップ。

ラックに並んだIsilon IQシリーズ。黒がSシリーズ、銀がXシリーズ、青がNLシリーズとのこと
ラックに並んだIsilon IQシリーズ。黒がSシリーズ、銀がXシリーズ、青がNLシリーズとのこと

 「スケールアウトNAS」とは、同社が従来「クラスタストレージ」と呼んでいる製品ジャンルで、複数のNASを並列化し、単一のNASに見せかける拡張可能なNASの総称。アイシロンの「Isilon IQシリーズ」では分散型ファイルシステム「OneFS」をベースに、約5年前からクラスタストレージを展開。ペタバイトクラスの容量までの拡張が可能な「Isilon IQシリーズ」を武器に、EMCやネットアップ、日立、HPなどのストレージ市場に切り込んでいる。

 同社のCTOであるポール・ラザフォード氏は「既存の多くのファイルシステムは管理にコストがかかり、スループットや拡張性に限界があります。アイシロンは、管理が容易なシンプルなファイルシステムを提供し、TCOの削減やストレージの効率的な利用を実現します」と語っている。

 今回発表されたのは、3つの新製品。既存ラインナップには、30GB/秒という速度とノードあたり36TBという容量を実現するハイエンドモデル「Isilon IQ 36000x」が追加された。既存のIQ12000xに比べ、ノードあたりの容量は3倍に増加し、ラックあたりの集積密度は33%向上しているという。フロント用にギガビットEthernetを4ポート搭載するほか、ノード間通信用のInfinibandインタフェイスを搭載する。最少システム構成では、7台のIQ36000x+Infinibandスイッチで252TBを実現する。

Xシリーズのハイエンドモデル「IQ36000x」大容量とパフォーマンスを両立したモデル
Xシリーズのハイエンドモデル「IQ36000x」大容量とパフォーマンスを両立したモデル

 また、新ラインナップとしてトランザクション処理用の「Sシリーズ」と、メインストレージのバックアップやアーカイブといったニアライン(=NL)用途の「NLシリーズ」を追加された。

 前者のSシリーズの「Isilon IQ 5400S」は、ファイバチャネルベースの製品を置き換えるハイパフォーマンスを謳っており、単一のクラスタあたり100万以上のI/Oを処理を可能にする。こうした処理が可能になった背後には、インテルCPUや1万5000回転のSAS HDDの採用が挙げられるという。こちらもフロント用にギガビットEthernetを4ポート、ノード間通信用のInfinibandインタフェイスを搭載する。

 一方、後者のNLシリーズは保存用途をメインにした製品で、安価なSATA HDD採用のモデル。今回発表された36NLではIQ36000xと同じく、ノードあたり36TBを用意。ただし、ギガビットポートは1ポートのみで、メモリも少ない。同社のSyncIQというソフトウェアとの組み合わせで、遠隔地でのレプリケーションにも対応する。

カテゴリートップへ

ピックアップ