このページの本文へ

デザイナー×開発者で生まれるRIAの理想形 (3/3)

2009年03月11日 10時00分更新

文●企画報道編集部 撮影●パシャ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

作品が完成! オリジナルアプリの出来栄えやいかに

 予定時間の午後9時を回ったところで、90分間のワークショップはタイムアップ。ついに力作オリジナルアプリのお披露目だ。見事完成に漕ぎつけた2チームは、自作のメッセージボードアプリで実際にメッセージを作成。それを発注者の松木さんに宛てて電子メールで送信したものが会場内で公開された。

Visual Studio

各チームの完成作品をチェックする松木さんと岩井さん


 アイ・エンターチームが作ったのは、女性らしいかわいいデザインのメッセージボード。アイ・エンターのロゴを追加するなど、UIデザインに手を加えたほか、選んだスタンプに応じてメッセージが表示されるようにプログラムを追加した。「ポップでかわいらしいデザイン。私の要望をかなえていると思います」と、松木さんも気に入ったようだ。

アイ・エンターの完成作品。吹き出しの中のメッセージは、パレットで選んだスタンプやペンによって変わるようになっている。左下は同アプリを使った作例


 替わって紹介されたフリーランスの金野さんとメディックスの古市さんのチームは、男性らしくダイナミックな作品に。「松木さんが飼っているという犬のイラストに、自分の好きなドクロを組み合わせてみました」(古市さん)という背景をキャンバス上に配置し、その上にメッセージを重ねて書き込めるようにした。これには会場内で笑いが起こり、松木さんも思わず「すごい! 楽しいですね」と歓声を上げていた。

フリーランスの金野さんとメディックスの古市さんチームの作品。オリジナルのスタンプに絵柄を変更し、犬とドクロ組み合わせた背景が個性的なメッセージボードに仕上がった。左下は同アプリ上に描いた作例


 こうして各チームの作品発表を終えた後、マイクロソフトの神原氏が「本当に短い時間でよく話し合って作っていただきました。今日のこの体験をこれからのアプリケーション開発にもぜひ活かしていただければと思います」と全体を総括。ワークショップは幕を閉じた。

Visual Studioセミナー

⇒ワークショップ後半を動画で見る


完成したアプリのお披露目シーンを中心に、ワークショップ後半部分の様子を動画(WMV形式/約11分/42.9MB)で見られます。Windows Media Playerでご覧ください。

前へ 1 2 3 次へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く