このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

バルセロナMWC発表の最新機種内覧会を都内で開催

DLNAやジオタグ対応の新サムスンケータイ登場

2009年02月27日 19時50分更新

文● 吉田陽一/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サムスンケータイ サムスンケータイは、スペイン・バルセロナで開催された世界最大級のモバイル展示会「Mobile World Congress」で発表され、大いに注目を集めた

 サムスン電子は、27日都内で今年の戦略商品となる携帯電話の内覧会と説明会を実施した。

これがバルセロナで発表された最新機種だ!

 サムスン日本法人で開催された内覧会には、2月16日からスペイン・バルセロナで開催された世界最大級のモバイル展示会「Mobile World Congress」で発表された24機種のうち、注目をあつめた4機種が展示されていた。なお、これらの機種は発表されたばかりで、日本市場への投入についてなどは全く未定だ。


スタイリッシュなハイエンド端末「Ultra TOUCH

ハイエンド向けフルタッチ対応かつキーパッドも搭載したスライド式携帯端末。2.8型有機ELディスプレイ、LEDフラッシュ付き800万画素カメラ(ジオタグ対応)、ミュージックプレーヤー機能、FMラジオ、ブルートゥース、SDHC対応。高さ110(非スライド時)×幅51.5×奥行12.7mm

DLNAにも対応、HD動画を高画質で楽しめるフルタッチ端末「OMNIA HD

世界初の720p(1280×768ドット)動画の録画・デコード機能に対応し、3.7型有機ELディスプレイを搭載したシンビアンOSで動作するハイエンド端末。GPSを搭載し、運転中の音声ナビゲーションも可能とのことだ。800万画素カメラ、ブルートゥース、SDHC対応。高さ123×幅58×奥行12.9mm

どこでもDJ気分で音楽のスクラッチが楽しめる「BEAT DJ

タッチスクリーンで操作するミュージックフォン。搭載アプリケーションBEAT DJを用いて、自分の好きな曲に自分の声やサウンドエフェクトを加えて楽しむことが可能。また、画面上で「レコード」をスクラッチすることで、オリジナルの音楽を作り出すことも可能だ。300万画素カメラ、GPS、ブルートゥース、SDHC対応。高さ112×幅51×奥行13.9mm

音楽ファン向けのミュージックフォン「BEAT DISC

スライド式キーパッドとタッチスクリーンの両対応。本機にはBEAT DJは搭載されていないが、音楽を楽しむためのアンプ機能などが搭載されており、ミュージックファン向けの機種となっている。 300万画素カメラ、ブルートゥース、SDHC対応。高さ106(非スライド時)×幅50.9×奥行14.7mm

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン