このページの本文へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第3回

Excel技を駆使した本格地図 カーブの道や線路もOK!(前編)

2009年03月06日 06時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

知ッ得――
線路のグループ化は最後に!

 線路はグループ化したあとでは、曲がり具合を変更できない。

 ここでは一気にグループ化までしたが、実際は、1本の太い曲線だけ描いておき、ほかのものを描いたあとで全体のバランスを見ながらカーブを調整して、コピーし、線路を作ったほうがいい。


ワードアートを使って駅名を斜めに

ワードアート機能を起動

ワードアート機能を起動する。オートシェイプの隣の「A」が立体的に見えるアイコンをクリック

 ワードアートを使って斜めやカーブした文字を書いていく。

 「ズーム」(前回記事を参照)で[200%]にすると操作しやすい。

 まず横書きの駅名を書く。(1)[ワードアートの挿入]をクリック。

横書きで変形のないデザイン

文字の変形が目的ではないので、横書きで変形のない左上のデザインを選ぶ

 「ワードアート ギャラリー」画面から(2) 文字が横書きで変形されていないデザインを選択し、(3)[OK]ボタンをクリックする。

駅名を入力

駅名を入力し、文字サイズは12に設定

 「ワードアート テキストの編集」画面で(4) 駅名の文字を入力し、(5) 文字のサイズを「12」に設定して、[OK]ボタンをクリック。


 (次ページ、「線路のカーブに合わせてに、駅と駅名を配置」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ