このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

能登麻美子さんのアルバム発売! やっぱりかわいいよ!

2009年02月24日 23時08分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「能登かわいいよ能登」が、なぜか「現代用語の基礎知識2008」に収録されたことで、アニメ・声優ファン以外でも知る人が多い人気声優の能登麻美子さんが、キャラクターボーカルアルバム「MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION」を発売した。

能登麻美子さんの演じたキャラクター名鑑的な「MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION」は、3000円で販売されていた

 これは、能登さんが演じてきたキャラクターの名義で発売した曲を中心に集めたアルバムで、“東葉月”名義で歌った「ヤミと帽子と本の旅人」のエンディングテーマ「君への旅」や、「ウィッチブレイド」で天羽雅音としてエンディングを歌った「あしたの手」などのキャラクターソング12曲にキャラクターリレーとしてモノローグが用意されている。さらに、能登さん自身が作詞を担当した完全オリジナルの新曲として「たいせつなこと」と「その場所へ」の2曲も収録し、全25トラックで構成されている。
 この日は、発売されるCDの数が100タイトルを超えていることもあり、各ショップともに猫の手を借りたいほどの忙しさ。そのため、ショップ側は大きな展開を用意する余裕はなかった様子で、メーカーの用意したポップで棚を飾るか手書きポップが用意されている程度となっていた。とは言え、注目度は高い。
 ショップスタッフからは、「これ1枚で、いままでの能登さんの活動がある程度わかるキャラクターソング集。ファンにとっては実用性の高いアイテムだと思うので、他の声優さんもこういったものを出してくれるとうれしいんですけどね」と話していた。

引田香織さんが1stアルバムを発売!

 女性から圧倒的な支持を集めた人気アニメ「LOVELESS」のエンディング「みちゆき」や、やはり女性ファンの多い「少年陰陽師」のオープニング「笑顔の訳」などを歌った引田香織さんの1stアルバム「natural」と、現在放送中のアニメ「マリア様がみてる 4thシーズン」のエンディング「くもりガラスの向こう」のシングルの2枚が発売された。

引田香織さんの1stアルバム「natural」。6曲目の「月の呪縛」は翁鈴佳さんが歌った楽曲だが、新たに引田さんがカバーし本CDに収録している。価格は2625円だ

 1stアルバム「natural」には、引田さんがこれまでに歌った「あまつき」のエンディング「名まえのない道」や、「破天荒遊戯」のエンディング「手の中の永遠」など、アニメ主題歌6曲のほか、北九州を本拠地として活動するサッカーチーム「ニューウェーブ北九州」の応援歌「you will find your HERO」と、本アルバムのために作成された新曲「HANT!」、「口笛のワルツ」の2曲の合計9曲を収録している。
 ちなみに「HANT!」と「口笛のワルツ」の2曲の新曲は、引田さんが作詞と作曲を担当したとのことだ。 引田さんの公式ウェブサイトでは、今回のアルバムの発売を記念して、収録されている9曲について綴ったセルフライナーノーツが公開されているので、購入した人はぜひ読んでみよう。
 先日放送された第8話「くもりガラスの向こう側」との関連すら感じさせるようなタイトルと歌詞の「マリみて」第4期のエンディング曲「くもりガラスの向こう」。今回も、意味深な歌詞を作ったのは原作小説を執筆する今野氏。曲調はミドルテンポでマッタリとした曲調となっている。

ジャケットイラストも松平瞳子と深読みせざる得ない「くもりガラスの向こう」は1050円となっている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ