このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第90回

秒210コマ!猫の超スロー動画を新EXILIMで撮る

2009年02月25日 15時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 とまあ、動き回る被写体で遊ぶには最高のデジカメなのだが、EX-FC100の一番の楽しさは「ハイスピード動画」にある。わたしはそう思う。肉眼では捕らえられない猫のしなやかな動き……とお茶目さを動画で撮りたい人に最高なのである。

 まずはかふかの華麗な飛び込み動画をどうぞ。

きれいにダイブした……と思ったら勢いあまってごろん。

 この動画、途中から急にスローになってるのがわかると思う。これがハイスピードEXILIMの優れた機能「30-210fps」切替動画なのだ。

 背面のOKボタンを押すたびに秒30コマ(これは普通の速度の動画)と秒210コマ(こちらは7倍のハイスピード)を切り替えられるのである。秒30コマで撮りつつ、決定的瞬間がキタッと思ったら秒210コマに切り替えるのだ。これは最高。

 お次は成功した華麗なダイブ。美しい猫背のアーチをご堪能ください。

今度は美しい飛び込みが決まりました。それにしても、躊躇なくダンボールに飛び込むなんて無謀というか怖いもの知らずというか。さすが猫

 最後は枯れ葉にダイブする地域猫。おもちゃをつかまえようとして空振りしてそのまま枯れ葉に……というシーン。舞い散る枯れ葉の美しさにも注目。

おもちゃを取り損ねてそのまま枯れ葉の海にダイブ。びっくりして飛びのいた手前の猫もまたおかしい。

 猫って一瞬を切り取ってもかわいいけど、こうして動いてる姿をスローモーションで見ると、その動きのしなやかさとお茶目さに感服するのである。

 それをこんな小さなカメラで楽しませてくれるEX-FC100は偉い。



筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走り回りながら面白いものを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)。密かにネコ動画ポッドキャストも更新中。



*次回は 3月3日掲載予定

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン