このページの本文へ

IETester、待望の「IE8 RC1」へ対応

2009年02月18日 08時00分更新

文●小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 過去から現在まで、さまざまなバージョンの「Internet Explorer(IE)」の表示テストを実施できる「IETester」がバージョンアップ。新たに「IE8 RC1(Release Candidate:リリース候補版)」に対応し、さらに便利なツールへと進化した。

 IETesterは、IE5.5以降の各バージョンのレンダリングエンジンをエミュレートするテストツール(関連記事)。通常、単一のWindows上では共存できない、異なるバージョンのIEにおけるWebページの表示を同時にテストできるとあって、Webデザイナーやマークアップエンジニアに重宝されている人気ツールだ。

IETester

リボン採用の新しいWebブラウザーのようにも見える「IETester」。異なるバージョンのIEをタブブラウザーのように1つのウィンドウ内に並べて表示できる(画面は左から、IE 5.5/6/7/8 RC1)


 新バージョンの「v0.3」では、先月マイクロソフトからリリースされたIE8 RC1(関連記事)に対応。表示できるIEのバージョンは、5.5/6/7/8 RC1の4つとなった。また、新機能として、IE7から搭載されているズーム機能のサポート、指定したURLをすべてのバージョンのIEで一度に開ける「All IE versions」ボタンの追加、「Ctrl+W」キー操作によるタブのクローズへ対応――などが挙げられるほか、対応言語の追加や細かいバグフィクスもなされている。

IETester

オススメの新機能は、この「All IE versions」ボタン。テスト可能なすべてのバージョンのIEで指定したURLを同時に開いてくれる。かなり便利


 マイクロソフトはIE8で「Web標準への対応」を明確に謳っており(関連記事)、従来、IE独自の“表示崩れ”に悩まされてきたWeb制作者の負担は、IE8では格段に軽くなるはずだ。ただ、それはIE8が広くあまねく普及した“将来”の話。それまでの間は、表示結果が異なるIE6やIE7と、IE8との互換性を保たなければならない。RC1の登場によって、いよいよ一般ユーザーのIE8利用が始まるこのタイミングでのIETester v0.3のリリースは、Web制作者にとってうれしいニュースとなりそうだ。


■関連サイト

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く