このページの本文へ

今Nettopがアツイ!ディスプレー一体型で6万円 

2009年02月18日 09時00分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Netbookの話題で持ちきりだった昨年だが、2009年はNettopに注目が集まりそうだ。

 Nettopと言えば、ASUSの「Eee Box」のような、低価格な小型デスクトップのイメージが強いが、今年のキーワードはズバリ「液晶一体型」。18.5型ワイドの液晶ディスプレーを搭載して6万円台という、かなりお値打ちなモデルが発表されている。

 まずは、MSIの「AP1900」。スタイリッシュなデザインの一体型で、ディスプレー部分の厚さは35mm、重さは4.75kg。ウォールマウントでも使用できるのが特徴だ。

「AP1900」

よりスタイリッシュなデザインの「AE1900」も発売予定。価格は6万9800円

 18.5型ワイド(1366 x 768ドット)液晶ディスプレー、Atom N270(1.60GHz)、メモリー 1GB、160GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows XP。予想実売価格は5万9800円。3月発売予定。

 続いて、エイサーがGatewayブランドで発表した「Gateway ZX」。こちらはCPUにAthlon 2650e(1.60GHz)を採用しているのが特徴。18.5型ワイド(1366 x 768ドット)液晶ディスプレー、 Atom N270(1.60GHz)、メモリー 1GB、160GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows XP Home Edition。予想実売価格は6万円前後。

「Gateway ZX」

 また、ASUSの「Eee Top ET1602」という日本未発表モデルも注目だ。Atom N270(1.60GHz)、メモリー 1GB、160GB HDDと、基本スペックはNetBookと同等だが、タッチパネル対応の15.6型ワイド液晶ディスプレーを搭載するのが目玉。写真で見る限り、デザインもかなりスタイリッシュ。既に海外では発売済み(価格は未発表)なので、今後の国内発売を期待したい。

「Eee Top ET1602」

 Netbookと違い、これらNettopは実用性の高い解像度のディスプレーと、光学式ドライブを搭載するものが多い。それでいて、Netbookと大差ない価格なのだから、お買い得度ははかなり高いだろう。ライトユーザーであれば、自宅でのメインマシンとして検討するのも十分アリだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン