このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

LUMIX TZ7──ちょい撮り動画の新提案

2009年02月18日 10時00分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ISO感度ごとの画像比較


 最後に、簡単な画像サンプルを掲載する。

 DMC-TZ7はISO 80~ISO 1600までの感度に対応している。マニュアル露出、シャッター速度/絞り優先モードに関しては備えておらず、フルプルーフの「おまかせiAモード」、ISO感度など一部の設定が可能な「オート」モード、そして25種類以上のシーンモードを備えている。シーンモードのうち2つは、好きなマイシーンモードとしてモードダイヤルに割り当てられる。

 下のサンプルは、オートモードでISO感度を80~1600に変えながら撮影したものだ。実画像(10M:3648×2736ドット)と右端部分を切り抜いた画像の2種類を掲載している。日中での撮影のため、最高感度のISO 1600では露出オーバーになってしまっているが、これはカメラ側がもっているのが1/2000秒、絞りF6.3までなので止むを得ないところだ。一応参考までに掲載している。

ISO 80

ISO 100

ISO 200

ISO 400

ISO 800

ISO 1600(1/2000秒、F6.3のためオーバー)

 画像を見ていただくと、ISO 80~ISO 200までは大きな変化はなく、安心して使える印象。ISO 400になると若干荒れを感じるが、このあたりまでは常用しても問題ないレベルだろう。一方、ISO 800になると明らかに画質の劣化を感じる。当倍で見ると輪郭が破綻してしまっている。それでも、レタッチソフトなどで25%程度に縮小して見れば、十分実用に足る印象ではある。利用方法を考えれば、積極的に使えそうだ。

ISO 80

ISO 100

ISO 200

ISO 400

ISO 800

ISO 1600(1/2000秒、F6.3のためオーバー)

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン