このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第75回

55nmプロセスのハイエンドGPU「GeForce GTX 295/285」の性能を探る

2009年02月17日 21時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パフォーマンステスト方法

 ここでは、GTX 295/285を含む4枚のビデオカードについて、パフォーマンスと温度、消費電力を計測した。パフォーマンスの計測については、ベンチマークソフトの「3DMark Vantage」と最新ゲームソフトの「Call of Duty World at War」を利用した。3DMark Vantageは、DirectX 10世代のベンチマークソフトであり、「Entry」「Perfomance」「High」「Extreme」という4種類の計測モードが用意されている。Call of Duty World at Warについては、Graphicsの設定とTexture Settingsの設定を最高にし、FSAA 4xを有効にした状態で計測を行った。解像度は、1024×768ドット、1280×1024ドット、1600×1200ドットの3パターンである。

3DMark Vantage

 3DMark Vantageの結果は、下のグラフにまとめたとおりだ。GTX 295は、全てのモードにおいて非常に高いスコアを叩き出しており、スコアはライバルのRadeon HD 4870 X2に比べて、Entryモードでは約1.93倍、一番負荷の高いExtremeモードでも約1.39倍になっている。シングルGPUのGTX 285も、GTX 280に比べて1割程度スコアが向上しており、プロセスシュリンクによるクロック向上の効果がはっきりと出ている。
 なお、3DMark Vantageには、旧AGEIAが開発した物理演算ライブラリ「PhysX」を利用するテストが含まれているが、NVIDIAのGeForce 8/9/200シリーズには、PhysXをGPUで高速に処理するためのPhysXドライバが提供されている。それに対して、Radeon HD系GPUにはPhysXドライバが用意されておらず、CPUで処理するしかないため、3DMark Vantageのスコアは低くなりがちだ。PhysXは、最新ゲームソフトでの採用例が増えており、PhysX採用ゲームソフトを快適に遊べることも、GeForceシリーズの大きな魅力といえる。

3DMark Vantage

3DMark Vantage (単位:score) better→

Call of Duty World at War

 Call of Duty World at Warは、最新のFPSタイプのゲームソフトであり、すべてのグラフィックスオプションを最高に設定すると、GPUに対する負荷がかなり大きくなる。フレームレートの計測結果は、下のグラフに示したとおりだ。
 GTX 295は、さすがにウルトラハイエンド製品だけのことはあり、1600×1200ドットという高い解像度でも、123.1fpsという高いフレームレートを記録している。FPSタイプのゲームは、フレームレートが重要になるが、コンスタントに60fpsを超えていれば快適なプレイが可能だ。そういった意味では、今回テストした4製品はすべて合格点を付けられるが、今後登場するゲームソフトは、さらに負荷が高くなることが予想されるため、性能に余裕があるに越したことはない。高い性能を持つGTX 295やGTX 285なら、将来性も十分だ。

Call of Duty World at War

Call of Duty World at War (単位:fps) better→

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中