このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第75回

55nmプロセスのハイエンドGPU「GeForce GTX 295/285」の性能を探る

2009年02月17日 21時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

検証で使用するビデオカード

 それでは、GTX 295/285のパフォーマンスを検証していこう。今回は、GTX 295搭載ビデオカードとしてMSIの「N295GTX-M2D1792」を、GTX 285搭載ビデオカードとしてLeadtekの「WinFast GTX 285」を利用した。ともにNVIDIAのリファレンス設計に準拠した製品である(以下、それぞれGTX 295、GTX285と呼ぶ)。比較用として、前モデルのGeForce GTX 280搭載ビデオカードとAMDのRadeon HD 4870 X2搭載ビデオカードを用意した。

GeForce GTX 295

MSIのGeForce GTX 295搭載ビデオカード「N295GTX-M2D1792」。2スロットを占有する大型ビデオカードだ。シロッコタイプの冷却ファンが採用されており、上部から排気する構造になっている

N295GTX-M2D1792の電源端子部分。PCI Express 8ピン電源端子とPCI Express 6ピン電源端子が用意されており、両方に電源を供給する必要がある

出力端子として、DVI-I×2(デュアルリンク)とHDMIを備えている

GeForce GTX 285

LeadtekのGeForce GTX 285搭載ビデオカード「WinFast GTX 285」。こちらも2スロット占有タイプだ

WinFast GTX 285の電源端子部分。PCI Express 6ピン電源端子が2つ用意されている

出力端子として、DVI-I×2(デュアルリンク)とHDTV(コンポーネント出力)を備えている

比較用ビデオカード

比較用に用意したZOTAC製のGeForce GTX 280搭載ビデオカード

こちらも比較用に用意したRadeon HD 4870 X2搭載ビデオカード

テスト環境

 テスト環境は以下に示したとおりで、CPUとしてCore 2 Quad Q9550を用意、マザーボードはASUSTeKの「P5Q Deluxe」(チップセットはIntel P45 Express)を使用した。メモリは2GBで、電源ユニットはOCZの「Fatal1ty PSU 700W」を使っている。

テスト環境
CPU Intel「Core 2 Quad Q9550」(2.83GHz)
マザーボード ASUSTeK「P5Q Deluxe」(Intel P45 Express)
メモリー DDR2-800 1GB×2
HDD HGST「HDP725050GLA360」(500GB Serial ATA)
電源 OCZ「Fatal1ty PSU 700W」
OS Windows Vista Ultimate SP1 (32bit)
グラフィックドライバ GeForce Driver 181.20
ATI Catalyst 9.1

Intel P45 Expressを搭載したASUSTeK製マザーボード「P5Q Deluxe」

電源ユニットとして、OCZ製の「Fatal1ty PSU 700W」を利用した

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中