このページの本文へ

DFI「LP DK X58-T3eH6」

DFI製「X58」搭載マザーにミドルクラスの「LP DK X58-T3eH6」

2009年02月14日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIからチップセットに「X58」+「ICH10R」を採用するLGA 1366対応マザーボード「LP DK X58-T3eH6」が発売となった。

「LP DK X58-T3eH6」 チップセットに「X58」+「ICH10R」を採用するDFI製LGA 1366対応マザーボード「LP DK X58-T3eH6」。「LANPARTY UT X58-T3eH8」から機能を絞ったコストパフォーマンスモデル

 同製品は、先に発売されている「LANPARTY UT X58-T3eH8」から機能を絞ったコストパフォーマンスモデルとなるもの。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×3(x16/x4/x16)、PCI Express x4×1、PCI×2でATI CrossFireXおよび3-way NVIDIA SLIどちらもサポート。6本あるDDR3 DIMMはDDR3-800/1066/1333/1600(OC)、最大24GBまで搭載可能。SLIとCrossFireXに対応し、それぞれSLIブリッジコネクタとATI CROSSFIRE用ケーブルが付属する。
 また、オンボードインターフェイスとしてギガビットイーサネット(Marvell/88E8053)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×8、IDE×1が搭載。その他、オール固体コンデンサの採用やデジタルPWM、ヒートパイプ搭載のチップ用ヒートシンクも特徴だ。価格はアークで3万780円となっている。

基板 ポップ
SLIとCrossFireXに対応し、それぞれSLIブリッジコネクタとATI CROSSFIRE用ケーブルが付属。オール固体コンデンサの採用やデジタルPWM、ヒートパイプ搭載のチップ用ヒートシンクも特徴だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中