このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第2回

Excel大活躍! 角丸四角形だけでシンプル地図

2009年02月16日 07時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

吹き出しを作る

吹き出しを付ける

移転先の場所を目立たせるために、吹き出しを付ける

 テキストボックスを使って(1) (2) の文字を入力し、色を設定する。そのほかの文字も書く。最も目立たせたい文字は吹き出しに入れるので、(3)[オートシェイプ]をクリックし、[吹き出し]→[四角形吹き出し]を選び、(4) ドラッグして吹き出しの図形を描く。吹き出しの枠線をクリックして、「図形描画」ツールバーから「塗りつぶし色」を[白]、「線の色」を[赤]にする。

吹き出しの突起部分をドラッグ

吹き出しの突起部分を、新しい移転先(★)にドラッグする

 (5) 吹き出しに文字を入力する。改行は[Enter]キーでできる。書いた文字をドラッグして選択後、(6) 文字色を[赤]にし(7)[中央揃え]にする。(8) 吹き出し先端の黄色いハンドルをドラッグして、突起部分を移動する。吹き出しの移動は突起部分の内側をドラッグする。なお、吹き出しのサイズを変更する場合は、白いハンドルで調整。


方位マークを描く

オートシェイプのフリーフォーム

オートシェイプのフリーフォーム(折れ線)で方位マークを描く

 (1)[オートシェイプ]→[線]→[フリーフォーム]を選択する。

一筆書きの要領で方位マークを描く

一筆書きの要領で方位マークを描く。最後はダブルクリックで終了

 方位マークの始点となる(2) でクリックし、そのあとは線を曲げたい個所の(3) (4) でクリック。(5) でダブルクリックすると描き終えることができる。方位のマークができたら(6) 緑のハンドルをドラッグして傾ける。

方位マークを回転

方位マークを回転して北を向け、サイズを調整して移動する

 図形の角の白いハンドルを(7)[Shift]キーを押しながらドラッグしてサイズを縮める。[Shift]キーを押すと縦横の比率はそのままで図形のサイズを変更できる。(8) 方位マークを移動。(9) テキストボックスで「N」を作り、方位マークの上に置く。地図が完成したら、すべてのパーツをグループ化しておく。


枠線を消して仕上げる

 メニューバーから[ツール]→[オプション]を選ぶ。

シートの枠線を消す

シートの枠線を消せば、地図が完成!

 (1)[表示]タブを選択し、(2)[枠線]のチェックをはずし、(3)[OK]をクリック。これでシートの枠線が非表示になる。完成形は1ページ目のこちらを改めて確認してほしい。


知ッ得

 セルやテキストボックスのサイズいっぱいに文字を書くと、印刷したときに文字が欠けやすい。セルやテキストボックスのサイズには余裕を持たせ、文字が欠けていないか試し印刷などで必ずチェックしよう。


アスキードットPCロゴ

R

http://www.asciidotpc.jp/

本記事は「アスキードットPC 2006年2月号」の特集記事を元に、編集・再構成したものです。




前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ