このページの本文へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第2回

Excel大活躍! 角丸四角形だけでシンプル地図

2009年02月16日 07時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

できあがった道をグループ化する

グループ化を選択

すべての道(オブジェクト)を選択して、[図形の調整]メニューからグループ化を選択

 「図形描画」ツールバーの(1)[オブジェクトの選択]ボタンをクリックし、(2) すべての道路を囲むようにドラッグする。すべての道路が選択されたことを確認し、「図形描画」ツールバーの(3)[図形の調整]→[グループ化]を選ぶ。

グループ化された

【技あり】 グループ化された。以後は1つの図形として扱えるため、移動や回転、コピーなども楽に行なえる

技あり

 1本1本ばらばらだった道路がグループ化され、1つの図形としてあつかえるようになった。ハンドルも、道路全体を囲むように表示されるようになる。ここで、(1)でクリックした[オブジェクトの選択]ボタンを再度クリックし、図形を選択する状態を解除しておく。


線路は点線と図形で描く

シンプルな直線を描く

線路は点線と角丸四角形を重ね合わせて描画する。まずはシンプルな直線を描く

 線路を点線と角丸四角形で作成する。まず(1)[直線]ボタンをクリックし、ドラッグして線を描く。ここでP列の道路よりセル1つ分短い線を描くのがポイント。(2) 線を右クリックし[オートシェイプの書式設定]を選ぶ。

オートシェイプの書式設定

オートシェイプの書式設定で線種を点線に、太さを6ポイントに設定する

 「オートシェイプの書式設定」画面の(3)[色と線]タブで、「実線/点線」の(4)[▼]→「点線(角)」を選ぶ。「太さ」を(5)[6]ポイントに設定する。[OK]をクリックして画面を閉じる。

オートシェイプの書式設定

オートシェイプの書式設定で線種を点線に、太さを6ポイントに設定する

 点線が描けた。点線を囲む線を描くため前ページの方法で角丸四角形を作成。点線よりセル1つ分長くすること。角の丸みを調整し、塗りつぶし色は「白」にする。(6)右クリックし[オートシェイプの書式設定]を選ぶ。

幅を単位付きで入力

【技あり】 角丸四角形の書式設定で幅を「6pt」と単位付きで入力する。これで点線の幅と同一にできる

技あり

 (7)[サイズ]タブを選択し、角丸四角形の横幅を点線の太さと同じにするために「幅」に(8)「6pt」と単位をつけて入力。普通、サイズは「cm」単位だが、こうするとポイント単位で入力できる。[OK]をクリック。

点線と角丸四角形を重ね合わせ

同じ幅になった点線と角丸四角形を重ね合わせれば、線路が描ける。このとき点線を最前面に持ってくることを忘れずに

 (9)点線を右クリックし[順序]→[最前面へ移動]を選んで、点線を最前面に移動。こうすると、図形を重ねたとき、点線が角丸四角形の後ろに隠れずにすむ。操作しやすいようにズームの(10)[▼]→[200%]で画面を拡大。(11) 点線を移動し角丸四角形に重ねる。[Ctrl]+矢印キーで少しずつ動かすときれいにぴったり重ねられる。


 (次ページ、「[縦書きテキストボックス]で駅を描く」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ