このページの本文へ

新CCDで優れた高画質を実現 FinePix F200EXR

2009年02月04日 21時28分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影サンプルで画質を確認

 まずは高感度撮影時のノイズをチェックしてみた。EXRモードの高感度低ノイズモードで撮影している。元画像は2816×2112ドットで、それを掲載用に800×600ドットへ縮小している。ISO 800で若干ノイズが発生しはじめ、ISO 1600でちょっとノイズが出てきているなという程度。記録解像度が600万画素相当になっているので有利ではあるがかなりノイズは少ないほうだろう。

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

 続いてプログラムオートでの感度(最大ISO 12800)をチェックした。参考のため、前機種F100でも撮影して比較した。サンプル左がF200、右がF100である。

 F200では、ISO 800からノイズが目立ちはじめる。さすがにフル解像度である1200万画素相当では、ISO 800でもきつい。F100はもともと、高感度時の特性がいいカメラだが、F200のほうがワンランク上の画質になったと言える。

F200 ISO 100

F200 ISO 100(4000×3000ドット、1200万画素相当)

F100 ISO 100

F100 ISO 100

F200 ISO 200

F200 ISO 200

F100 ISO 200

F100 ISO 200

F200 ISO 400

F200 ISO 400

F100 ISO 400

F100 ISO 400

F200 ISO 800

F200 ISO 800

F100 ISO 800

F100 ISO 800

F200 ISO 1600

F200 ISO 1600

F100 ISO 1600

F100 ISO 1600

F200 ISO 3200

F200 ISO 3200

F100 ISO 3200

F100 ISO 3200

F200 ISO 6400

F200 ISO 6400(2816×2112ドット、600万画素相当に自動低下)

F100 ISO 6400

F100 ISO 6400(2048×1536ドット、300万画素相当に自動低下)

F200 ISO 12800

F200 ISO 12800(2048×1536ドット、300万画素相当に自動低下)

F100 ISO 12800

F100 ISO 12800

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン