このページの本文へ

フォントの破損時、どうやって対処する?

2009年02月08日 12時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】 フォントの破損が考えられるとき、まずすることは?

  • a.フォントを検証する
  • b.フォントを使用停止にする
  • c.フォントを削除する

【答】


 特定のフォントを使おうとして、ソフトが強制終了する場合や、フォントをインストールしてからシステムが不安定になってしまった場合は、フォントが破損している可能性が考えられる。まずはMac OS Xに含まれるアプリケーション「Font Book」の検証機能を使って破損しているフォントを洗い出そう。

 フォントの検証は、フォントを選択して「ファイル」メニューから「フォントを検証」を実行する。フォント数によってかかる時間は変わるが、何か問題のあるフォントがピックアップされるはずだ。

 検証の結果、重大な問題が見つかったフォントは使用停止にしよう。停止するには、Font Bookのメインウィンドウで該当フォントを選び、「編集」メニューから「“フォント名”ファミリーを使用停止」を実行する。しばらくこの状態で使ってみても問題が解決しない場合は、フォントをいったん削除するしかない。削除したあと、再度インストールしよう。

Font Book 「フォントを検証」を実行すると、フォントの問題点が個別にピックアップされる。「重大な問題」と指摘されたフォントは使用停止にするか削除しよう
Font Book 「編集」メニューから「“フォント名”を使用停止」を選択するか、画面中央下の「使用停止」ボタンをクリックし、「使用停止」を選べばOK
Font Book フォントの削除は、Font Bookで目的のフォントを選択しておき、「ファイル」メニューから「“フォント名”ファミリーを取り除く」を選ぶ。保存場所からファイルそのものを削除してもいい

 ということで、答えはa。続いてb、cを順番に実行して原因を究明・解決するといい。


筆者紹介──小原裕太(おばらゆうた)

出版社勤務を経て、2003年に独立したフリーランスライター。ヨドバシ通いを止められない物欲依存症をせめて仕事に活かそうと、書籍、雑誌、ウェブの原稿執筆に駆けずり回る日々。症状完治の見込みはないのかもしれないと思い始めた今日このごろ。主な著作は、「iPod & iTunes HACKS Ver.2」(辰巳出版)、「MacStyle入門ガイド」(翔泳社)、「iPhone 3G Style Book」(毎日コミュニケーションズ)、「Mac OS X v10.5 Leopard逆引き大全660の極意」(秀和システム)など。連絡先はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中