このページの本文へ

Acer、国内未発表のNetbookを公開

2009年01月29日 22時24分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Netbook「Aspire One」(関連記事)が好調な日本エイサー(Acer)が、東京都内で報道関係者向けのイベントを行ない、今後発売が予定される新製品の数々を披露した。いずれも正式発表ではないので、価格や発売時期については未定だが、Aspire Oneのニューモデルなど、人気を呼びそうな新製品が目白押しである。


10.1型ワイドディスプレーの新Aspire One

10.1型ワイドディスプレーを搭載する新「Aspire One」

 すでに米国で発表されているAspire Oneシリーズの新製品が、日本で披露された。ディスプレーサイズの大型化が特徴で、10.1型ワイド液晶ディスプレーとなっている。

 マウスボタンはパッドの左右から、オーソドックスな下側の配置に変更された。ヒンジ部サイドのアクセントなど、本体デザインも全体的に精悍さが増した。

新Aspire Oneは4色のカラーバリエーションがラインアップ予定
新Aspire Oneは4色のカラーバリエーションがラインアップ予定

 海外で話題となっている新CPU(Atom N280)を搭載するモデルについては、ただちに日本で販売されることはなさそうだ。CPUの供給量がタイトで、十分な生産台数を確保するのが難しいとのこと。今後に期待したい。

現行のAspire Oneで作ったデコ電ならぬ「デコパソ」 こちらは現行のAspire Oneで作ったデコ電ならぬ「デコパソ」。日本エイサーではデコパソのコンテスト「渋谷デコパソ COLLECTION2009」を春に開催するとのころ

静音動作のWindows Home Serverマシン

Aspire easyStore Home Server WHS専用の「Aspire easyStore Home Server」。両脇のハローキティはWHSのプロモーション用人形

 「Aspire easyStore Home Server」は、Aspireブランドを冠したWindows Home Server(WHS)搭載のホームサーバーマシンである。パソコンをベースとしたWHS搭載機は日本でも数社から発売されているが、easyStoreはWHSの専用機である。

 easyStoreは4台の3.5インチHDDスロットを搭載。WHSの機能により、複数台の容量の異なるHDDを、1つのボリュームとして扱える。CPUにはAtomを使用しており、静音性を重視した設計だ。ファンノイズなども小さいという。

3.5インチHDDを4台内蔵できる 3.5インチHDDを4台内蔵できる。ドライブトレイは取り外し容易

 WHS専用機であるため、本体にディスプレーやキーボードをつないでパソコン的に使うことはできない。


アンダー10万? の一体型デスクトップ

ゲートウェイブランドのNettop?「ZX」シリーズ ゲートウェイブランドのNettop「ZX」シリーズ

 Acerに買収されたゲートウェイブランドのディスプレー一体型パソコンも出展されていた。米国でもまだ発売されていない製品で、「ZX」シリーズと銘打たれている。

 いわゆるNettopだが、詳細な仕様は不明。ディスプレーはアスペクト比16:9のワイド型で、アプリケーション起動キーなどの役目を果たすタッチスイッチが配置されている。キーボードやマウスは有線タイプで、本体背面に大きめのスピーカーを搭載している。

 気になる価格は10万円より下を想定している。据え置き型パソコンとして使うなら、Netbookよりもこちらのほうがディスプレーサイズが大きい分だけ、使いやすそうだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック