このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第73回

PhysXはゲームをどこまで面白くするのか?

Mirror's Edgeで見るGeForce PhysXの威力

2009年01月27日 20時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Cloth(布)の表現

 PhysXを有効にすると、布の表現がプラスされるほか、ステージによっては布を突き破るといった効果を得ることができる。ゆらめく旗などはPhysXを無効にしても実現されているが、キャラクタが通過するゾーンの布表現はPhysXを有効にしたときのみ表示される。映像は、ヘリから攻撃を受け、工事現場のブルーシートが破れるシーン。PhysXを無効にすると、この布は最初から表示されない。

PhysX ON

PhysX OFF

Smoke(煙)とWind(風)の表現

 煙は建物(エアコン?)から発せられる煙ではなく、濡れた路面を走った際に起きる飛沫(しぶき)や、ガラスが粉々になって飛散する際の空気感をPhysXにより実現している。これはパッと見分かりにくいが、「すごいでしょ?」ということを感じさせないほど自然に表現されており、それに気付いた時の感動は結構大きい。
 風は大きな大気の流れではなく、キャラクタが動くことによって発生する空気の流れや、空気中に漂う塵を表示することで空気感を表現するものだ。映像ではヘリのローターで発生する風により床のゴミが吹き飛ぶ様がPhysXを有効にすることで描かれている。

PhysX ON

PhysX OFF

 いずれの表現も、プレイ上どうしても必要なものではなく、あくまでもリッチな表現をするためのもので、PhysXの有無がゲームの進行を左右をするわけではない。しかし、一度PhysXを有効にした状態でプレイしてしまうと、PhysX無しの状態にはもう戻れない。というわけで、PhysXの是非はともかく、Mirror's Edgeをプレイするのであれば、PC版、そしてGeForce環境を強くお勧めしたい。

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中