このページの本文へ

恵安「K-SSD30S-VSM」「K-SSD60S-VIM/K-SSD120S-VIM」

恵安からインテル製MLCチップを採用したSSDが登場!

2009年01月24日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルとSAMSUNG製のMLCチップを採用しているという2.5インチSerial ATAのSSDが恵安から発売となった。

インテル製
SAMSUNGとインテル製のMLCチップを採用しているという2.5インチSerial ATAのSSDが恵安から発売

 発売されたのはインテル製チップ採用/容量120GBの「K-SSD120S-VIM」、同じくインテル製チップ採用/容量60GBの「K-SSD60S-VIM」とSAMSUNG製チップ採用/容量30GBの「K-SSD30S-VSM」の3モデル。いずれも読込速度170MB/s、書込速度98MB/s、Serial ATA IIインターフェイス対応となる。価格は「K-SSD120S-VIM」がBLESS秋葉原本店で2万5980円、アークで2万7980円、「K-SSD60S-VIM」がBLESS秋葉原本店とアークで1万4980円、「K-SSD30S-VSM」がBLESS秋葉原本店で7980円、アークで8980円となっている。

SAMSUNG スペック
インテル120GBモデル SAMSUNGとインテル製のMLCチップを採用とのことだが、中身は確認できない。スペックはいずれも読込速度170MB/s、書込速度98MB/s、Serial ATA IIインターフェイス対応となっている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中