このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Word実用文書作成のツボ 第2回

入力が「すっきり」簡単になる定型ビジネス文書を作る

2009年01月23日 08時00分更新

文● アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

操作3――
フォームから入力できる定型文書の使い方

 フォームフィールドが設定された定型文書を使用します。

 なお、フォームフィールドを利用するには、「フォーム」ツールバーの[フォームの保護]ボタンがオン(関連記事)になっている必要があります。


ひと押し
グレーの網かけを表示をやめたいときは

フォームの保護ボタンで設定を有効にする

フォームの設定が完了したら、「フォームの保護」ボタンをクリック。これでプルダウンメニューやチェックボックスが有効になる

 フォームを設定した場所の網かけ表示は、前ページ「ひと押し」コラム(H)[フィールドの網かけ表示]ボタンをクリックしてオフにすると消える。

 ただし、どこにフィールドが設定されているのか分かりにくくなるので、オンにしておいたほうがいい。なお、網かけは印刷されない


■リストから選択する

所属部署はリスト選択で入力

所属部署がリスト選択で入力できる

 「所属部署」の右側の矢印をクリックし、リストから(1) 部署名を選ぶ。[Tab]キーを押すと次のフィールド(ここでは「氏名」)に移動する。

 「氏名」「事由」などテキストボックスには自由な文字列を入力できる。


■チェックボックスをオンにする

休暇区分はチェックボックスで選択

休暇区分はチェックボックスで選択

 「休暇区分」のいずれかのチェックボックスをクリックしてチェックをつける。

 ただし、複数のチェックボックスをオンにできるので、ほかの項目にチェックをつけないように注意。


Word 2007では?
Word 2007で「フォーム」機能を使う方法

(1) [開発]タブを表示する

開発タブを表示する手順

開発タブを表示するには、Wordのオプションで設定変更が必要となる

 [開発]タブは初期設定では表示されないため、必要なときだけ手動で表示する。

 画面左上の[Officeボタン]→[Wordのオプション]ボタンをクリックし、設定画面を開く。

 「Wordのオプション」画面の[基本設定]を選び、[[開発]タブをリボンに表示する]にチェックを付ける。


(2) フォームフィールドを設定する

Word 2007の開発タブ

Word 2007の開発タブには、Word 2003と同様のボタンが用意されているので、あとは本記事の手順にしたがって作成できる

 [開発]タブには、コンボボックスやチェックボックスなどを作成するためのボタンが用意されているので、ここから設定する。使い方はWord 2003と同様だ。


アスキードットPCロゴ

R

http://www.asciidotpc.jp/

本記事は「すっきりわかった!ワード 実用文書 作成のツボ」から一部抜粋し、編集・再構成したものです。




■より詳しくなりたい人にオススメBOOK(Amazon.co.jp)


前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ