このページの本文へ

痛車 de サーキット!

痛車vsポルシェ! 7時間耐久レースに痛車で参加!(動画あり)

2009年01月20日 22時34分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部 撮影/グッドスマイルレーシング、佐藤直大、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

耐久レースは筋書きのないドラマ

 第6ドライバーまでリンレン・ビートを運転し、第7ドライバーはミク・ビートへとマシンをチェンジ。他のクルマに圧倒されてやはり怖かったとのことだが、無事にピットに帰ってきて、再びリンレン・ビートへと交代した。

 順調に見えた耐久レースだったが、第8ドライバーがリンレン・ビートを運転中に悲劇は起こった。3周ほど過ぎたあたりで、突然ギアが4速に入らなくなってしまい、残念ながらリンレン・ビートはピットイン後、積載車でドナドナされることになってしまったのだった。ここまで調子良く走っていただけに、非常に残念な結果である。だが、ここで急遽代打として再びミク・カプチーノが出走! そしてアンカーであるマブラヴ・スカイラインへとつないだ。

最終走者の意地を見せ、トップタイムを叩き出す!新GT-Rと旧GT-Tが揃い踏み。ファンにはたまらない光景だ

 そのおかげでグッドスマイルレーシング#46は無事に完走することができ、総合順位は58位とポルシェやフェラーリ、ロータスなどの準レーシングカーを敵に回して軽自動車メインで走ったことを考えれば上出来ではなかろうか。まあ、我々は順位よりも「レースを楽しむこと」が目的でしたから! タイムが遅い筆者が言っても説得力がないかもしれないが。

 いや~、本当にサーキットって楽しいですね! スプリントも楽しいけれど、耐久はみんなでやり遂げた感、達成感が別格! またこういうイベントに出場したいと心の底から思ったのでまた誘ってください(笑)。今回、お誘いいただいたグッドスマイルレーシング様、快く取材に応じてくださった痛車オーナー様、大事なクルマをメンテナンスしてくれたメカニックの皆様。ありがとうございました!

 クルマ離れが騒がれているご時世にもかかわらず、これだけ元気がある痛車。今後も痛車に関する情報をどんどん伝えていきたい。クルマはこんなに楽しいんだということを、ASCII.jpの痛車記事を読んで知ってもらえれば幸いである。

(次のページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ