このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

シンプルで扱いやすい復元ソフト「完全復元PRO for Mac」

2009年01月16日 18時00分更新

文● 池田冬彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
完全復元 【SPEC】
開発元●米LCテクノロジーインターナショナル社 販売元●ジャングル 価格●1万5750円
http://www.junglejapan.com/

対応システム●Mac OS X 10.4以上(Leopard対応) 対応機種●600MHz以上のPowerPCまたはIntel CPUを搭載したMac

【COMMENT】高度な機能を持っていないぶん、競合製品より復元力は劣る。2つのソフトがバンドルされており、価格はまずまず



画像や映像に特化した「完全フォト復元」も付属

 間違ってファイルを消去したときや、データが読み出せなくなったときなどに頼れるのが「完全復元PRO for Mac」だ。

 3つの作業モードを搭載しており、いずれも左側にあるHDDとボリュームの一覧から復元したい対象を選び、モードのアイコンをクリックするだけでスキャン作業が実行される。非常にシンプルかつわかりやすい操作方法だ。スキャン結果は左側のカラムにファイルの内容ごとで表示され、画像やPDFは「ファイルビューワ」で内容を確認しながら復元できる。

インターフェース 左側にHDDとそれぞれのボリュームが並ぶインターフェース。「破損ボリュームスキャン」はHDDを対象に選んだときのみ有効だ
復元前に確認 スキャン後のリストで選択したファイルの種類がPDFや特定の画像形式であれば、ツールバーの「ビューワ」ボタンをクリックして内容を復元前に確認できる

 3つの作業モードは、用途によって使い方がハッキリと分かれている。まず、「消去ファイルスキャン」は、誤って削除した個々のファイルを復元するモード。特定の形式に固有の情報に基づいてスキャンするが、復元可能な拡張子に限りがある。

消失ファイルスキャン」が対応している拡張子
種類 ファイル拡張子
画像ファイル gif/jpg/bmp/png/tiff/psp/pbm/pgm/ppm
RAW画像ファイル cr2/tiff
ビデオ mov/riff/avi/mpg/swf
オーディオ wav/ra/mp3/m4a
Office書類 doc/xls/ole/mdb
ドキュメント pdf/123/java/html
アーカイブ sit/zip/lha/rar/tar/cdr
実行ファイル exe

 「紛失ファイルスキャン」モードは、ファイルシステムの破損などでファイルが読み出せない場合に有効だ。カタログ情報を基にスキャンして、データを再構築する。ちなみにカタログとはHDDの管理情報のことで、書き込まれたファイルやフォルダー構造、ファイル/フォルダー名、属性情報、書き込み位置が該当する。

 「破損ボリュームスキャン」モードは、マウントできないボリュームに有効で、「パーティションテーブル」を読み取って復元を試みる。3モードとも画像ファイルやPDFはサムネイル表示で内容を確認できる。

サムネイル スキャン後のリストでは、画像ファイルなどをサムネイル表示できる。サムネイル表示に対応していない拡張子はアイコンで表示される

 本ソフトは作業モードを選び、保存ボタンを押すだけの簡単操作が最大の魅力だ。加えて、画像や映像に特化した「完全フォト復元 for Mac」が付属することにより、初心者でも扱いやすい復元ソフトに仕上がっている。

完全フォト復元 for Mac
付属の「完全フォト復元 for Mac」は、フラッシュメディアに特化したソフト。スキャン方法は「消去ファイルスキャン」と同じだ

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中