このページの本文へ

ブックとシートの使い分けで広がるExcel“深”世界 第2回

もっと効率化! Excel「複数シート」を仕事に活用

2009年01月13日 08時00分更新

文● 構成● 早坂清志、アスキードットPC編集部 イラスト●三澤亞希子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テク8 貼り付けたデータが元シートと連動して変わるようにする

 シートをまたいでコピー/貼り付けをし、なおかつ、元のセルの値が変わったら貼り付け先の値も変わるようにするには、「形式を選択して貼り付け」画面の[リンク貼り付け]を使います。

 貼り付けたセルには「=第1四半期!F5」のように、セル番地の前に「シート名!」が付いて入力されます。

 なお、リンク貼り付けを使わずに、セルにこの式を直接入力しても同じことができます。

貼り付けたデータが元のシートに連動して
変化するようになる手順

個別シートの合計欄をコピー

四半期ごとにまとめた個別シートの合計欄をコピー

 各四半期ごとのシートの「合計」欄を「年間総計」シートにまとめたい。

 まず(1)[第1四半期]のシート見出しをクリックし、(2) 合計欄のF5:F8セルを選択して、[Ctrl]+[C]キーでコピー。

貼り付け先のセルをクリック

年間総計のシートで、貼り付け先のセルをクリック

 (3)[年間総計]のシート見出しをクリックして表示し、貼り付け先の(4) C5セルをクリック。

[リンク貼り付け]を選ぶ

形式を選択して貼り付けで、[リンク貼り付け]を選ぶ

 メニューバーから[編集]→[形式を選択して貼り付け]を選択するとこの画面が表示される。(5)[リンク貼り付け]をクリック。

セルの値にコピー元のセルを参照する式が入力

セルの値にコピー元のセルを参照する式が入力されていれば、成功だ

 「年間総計」のシートに値が貼り付けられ、「=第1四半期!F5」のようにコピー元のセルを参照する式が入力された。

 コピー元に変更があれば「年間総計」シートにも反映される。

知ッ得――リンク貼り付けが使えない時には?

 画面の上にある「貼り付け」で[すべて]を選んでおかないと、[リンク貼り付け]ボタンは使えない。

 [すべて]を選ぶと表示形式などは一緒に貼り付けられるが、貼り付け先の罫線が崩れる心配はない。


 (次ページ、ブック全体から検索する、に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ