このページの本文へ

AVC 24Mbps撮影の「iVIS」がさらに高画質に

キヤノンはリアル800万画素! HDビデオカメラ登場

2009年01月15日 13時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中身も刷新してより高画質撮影が可能に


 優れているのはデザインだけではない。HF S10はレンズ、センサー、映像補正エンジンを新開発のものに刷新し、さらなる高画質化を追求。CMOSセンサーは従来の1/3.2型331万画素から1/2.6型859万画素になり、解像感がアップした。

新しいCMOSセンサー

新しいCMOSセンサー

画質補正回路は最新の「DIGIC DV III」

画質補正回路は最新の「DIGIC DV III」

 光学10倍ズームの新レンズは小型化と静音化を実現。また「ボール転動制御」と呼ばれる光学手ぶれ補正機能を搭載し、他の方式(二軸ガイドバー方式)と比較して応答性が速いという。

 映像エンジンは第3世代となる「DIGIC DV III」を初めて投入。ダイナミックレンジが25%拡大し、白とびや黒つぶれを改善。例えば逆光下でも被写体の顔が暗くならないよう補正する。

 センサーの撮影解像度は3264×1840ドット。これを利用し、フルHD解像度(1920×1080ドット)を保ちつつ、焦点距離(43.5~435mm)をデジタル処理で1.7倍(74~740mm)にする「デジタルテレコン」機能を搭載した。

 本体サイズは幅70×奥行き136×高さ69mm、重量は約450g。


小型化したけどもっとズームイン!「HF20」

まさに手乗りサイズの「iVIS HF20」

まさに手乗りサイズの「iVIS HF20」

 HF20の本体サイズは幅70×奥行き124×高さ62mmで、従来機(HF11)より幅が約3mm、高さが約4.5mm小型した。重量も従来機より40g軽い340gとなっているが、本体形状を変更して握った時のグリップ感をアップした。

HF20を構えてみる。グリップ感もしっかりしている

HF20を構えてみる。グリップ感もしっかりしている

 さらに光学ズームは12倍から15倍になっている。CMOSセンサーは1/4型の389万画素(動画有効299万画素)。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画