このページの本文へ

あなたに使いやすい機種、教えます

仕事で使えるスマートフォン(前編)

2009年01月09日 09時00分更新

文● 遠藤哲・山根康宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネス向けスマートフォン BlackBerry

BlackBerry 8707h BlackBerry 8707h

 BlackBerryは欧米のビジネスパーソンから強い支持を受けているスマートフォンだ。国内ではNTTドコモが法人ユーザーに加え、個人ユーザー向けのサービスも提供し始めた。大幅に機能を拡充した新モデル「BlackBerry Bold」も発売が予定されている。

BlackBerry

 「BlackBerry」は、カナダのResearch In Motion(RIM)社が開発、製造しているスマートフォンである。コンパクトなボディにQWERTYキーボードを備え、プッシュ型のメール配信サービスのほか、WordやExcelなどの閲覧や、アドレス帳/スケジュールなどの同期機能、Webブラウザー、音声通話などの機能が備わっている。欧米のビジネスマンに広く利用され、スマートフォンの代名詞といえる製品だ。 日本国内ではNTTドコモが2006年から法人向けに販売していたが、iPhone 3Gの登場によりスマートフォン市場がにわかに活性化してきたことを受け、2008 年8月から中小法人・個人向けにも販売が開始された。

 もともとBlackBerryは、専用サーバーと双方向ページャー(日本のポケベルに相当)のインフラを使ったメールシステムとして開発され、発展してきた製品である。その発展の過程で、電波を使った通信インフラに携帯電話のネットワークを利用することになっただけだ。基本的に専用サーバーを使うという構成は一緒で、BlackBerryはこのシステムの専用端末ということに変わりない。

 国内では、専用サーバーを用意できない個人ユーザーや中小企業ユーザーの獲得を目指して、インターネットを利用できるようにした「ブラックベリーインターネットサービス」が提供されることとなった。そのための専用端末が「BlackBerry 8707h」である。ブラックベリーインターネットサービスとブラックベリーエンタープライズソリューションのイメージは図の通りである。

ブラックベリーのサービス

 セキュアなメッセージングシステムがBlackBerryの強みだが、それはNTTドコモのBlackBerry基幹システムから、企業内ネットワーク内に設置されているBlackBerry EnterpriseServerに接続することで実現されている。BlackBerry Enterprise ServerはMicrosoft ExchangeやIBM Lotus Dominoなどのグループウェアと連携するとともに、NTTドコモのパケット通信網を経由した通信にRIM 独自の秘匿技術を用いてIP接続する。このため、セキュアなメッセージングシステムが実現されているのである。

 個人向けのブラックベリーインターネットサービスでは、NTTドコモのBlackBerry基幹システムからISPへ接続するので、企業内ネットワークに設置している専用サーバーがなくてもインターネットが利用できるという仕組みになっている。

 BlackBerryが広く企業ユーザーに利用されているのは、RIMの秘匿技術を用いたセキュアな通信が行なえる点にあるが、やはり端末の使いやすさも重要な要素である。続いてはBlackBerryの端末について見ていこう。

(次ページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン