このページの本文へ

日本でも使える!AndroidケータイのSIMフリー版を試す

2008年12月31日 09時00分更新

文● 中山 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Android Dev Phone 1到着


 今回は12月8日にオーダーして、商品が到着したのが21日。約2週間ほどかかったが、もっと早く到着した人もおり、到着までは1週間から2週間といったところ。

 輸送用の段ボールの中には、簡素な白い箱が入っておりどことなくiPhoneの梱包に似ている。本体以外の同梱物は、電源、USBケーブル、マイク付きイヤホン。電源は日本と同じプラグのため、アダプターをかまさなくても使用できるのはうれしいポイント。

本体の収まり方がちょっとだけiPhoneの梱包方式に似ている 同梱されているもの全部。ケーブル類はすべて黒で若干味気ない。説明書も紙1枚を折りたたんだもの 電源は日本式のプラグで、そのまま使用できる
本体の収まり方がちょっとだけiPhoneの梱包方式に似ている同梱されているものすべて。ケーブル類はすべて黒で若干味気ない。説明書も紙1枚を折りたたんだもの電源は日本式のプラグで、そのまま使用できる


まずは外観をチェック


 とりあえず、箱から本体を取り出して外観をチェック。ディスプレー下部には通話ボタンやMENU、トラックボールなどを装備。ディスプレー部分をスライドさせると、QWERTYキーが現われる。キースペースは大きく、数字キーを独立させるなどキー数も多い。

 基本的なスペックは「G1」と同じだが、唯一違うのは背面のデザイン。幾何学模様の中に、Androidのキャラクターのロボットが描かれているのがポイントだ。

左がiPhone 3Gで、右がAndroid Dev Phone 1。画面サイズは3.2インチとiPhoneとくらべ0.3インチ小さい スライド部があるとはいえ、意外と薄型。本体下部のボタン部分がくの字に曲がっている
左がiPhone 3Gで、右がAndroid Dev Phone 1。画面サイズは3.2インチとiPhoneと比べ0.3インチ小さいスライド部があるとはいえ、意外と薄型。本体下部のボタン部分がくの字に曲がっている
キー数は多めでキーも小さいが、スライド部分が大きいため配列に余裕があり押しやすい 派手な幾何学模様のなかに、こっそりキャラクターが立っている
キー数は多めでキーも小さいが、スライド部分が大きいため配列に余裕があり押しやすい派手な幾何学模様のなかに、こっそりキャラクターが立っている

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン