このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

使おう「Excel2007」 冬期集中講座 第4回

計算時はここに注意 これで「Excel 2007」で仕事がはかどる!

2009年01月01日 05時00分更新

文● アスキードットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

計算結果が合わない2
――キーワード:バイナリ演算誤差

5%以上のはずなのに……

すべて「差」が「5%」のはずなのに、「5%以上」の欄に「○」が表示されていないセルがある

内部的な演算誤差の結果

内部的な演算誤差で、ぴったり「5%」になっていない個所があり、このため「○」が表示されていない

 小数点以下の数値を計算すると、非常に小さな誤差が発生することがある。CPUでは内部的に2進数で計算されるが、この際、10進数の小数は2進数で正確に表現できないことが多いため、換算の際に誤差が生じることがある。これを「バイナリ演算誤差」と呼ぶ。

 誤差は非常に小さいので表面化することは少ないが、右上の例のように、比較演算子で比較するような場合に、「ぴったり」ではないので異なる結果が返ることがある。この例でも表示桁数を増やしてみると、2のように誤差が生じているのが確認できる。

 このようなバイナリ演算誤差の対処法はさまざまだか、この例の場合は前ページの[表示桁数で計算する]オプションで対処できる。

自動的に再計算されないようにする
――キーワード:再計算、[F9]キー

 セルに入力した内容にあわせて、数式を自動的に再計算してくれるのがエクセルの強みだが、条件付きの集計などの複雑な数式が大量に入力されていると再計算に時間がかかり、データ入力のためにタイムラグが生じることがある。このようなときは、再計算を「手動」にするといい。

計算を自動で行わなくする

Excel 2007では、[数式]タブ→[計算方法]グループ→[計算方法の設定]→[手動]を指定する

再計算が必要なときはF9キー

「手動」に設定すると、セルの値を変更しても自動で再計算されなくなる。再計算が必要な状態のときは画面左下に「再計算」と表示されて、[Shift]+[F9]キーや[F9]キーを押すと再計算される

 Excel 2007の場合は[数式]タブの[計算方法の設定]から、Excel 2000~2003の場合は「オプション」画面の[計算方法]タブで、 [手動]に設定する。すると数値を変更しても再計算されなくなる。Excel 2007の場合は、[数式]タブから再計算できるほか、全バージョンとも、[F9]キーでブック全体、[Shift]+[F9]キーで表示シートのみを再計算できる。


アスキードットPCロゴ

R

http://www.asciidotpc.jp/

本記事は「【超保存】アスキー・ドットPC特選 エクセル関数1000技+α」を購入する」から一部抜粋し、編集・再構成したものです。




前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ