このページの本文へ

Centrino 2プレミアムモバイル王者決定戦2008最終回

本気で使えるモバイルノートはこれだ――最終評価編

2008年12月25日 13時00分更新

文● 石井英男&トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

他の機種にはない、素敵なオリジナル機能って何かないの?

 いよいよラスト2項目~! つづいては、他の機種にはない独自機能を比較してみよう。気に入った独自機能があれば、そのマシンを購入しようという動機付けになり、長年使う「愛機」のカワイイところにもなる。各機種のインターフェースとともに見ていこう。


1) VAIO type Z

 まずVAIO type ZはFeliCaポートを搭載しているため、EdyカードやSuicaカード、おサイフケータイなどの情報を読み出したり、ネットショッピングの支払いが出来る。Webカメラや指紋センサーを搭載するなど機能的にも充実しており、HDMI出力端子を備えるなどAV機能に強みがあることも特筆できる。

USBは左右に1つずつ。AV機能が充実しているVAIOらしくHDMI端子を備えているため、リビングに持ち出してテレビで動画をカンタンに観られるのもうれしい

2) ThinkPad X200

 つづいてはThinkPad X200、液晶上部にキーボードライトを搭載している。キーボードライトは白色LEDを利用したもので、それほど明るいわけではないが、飛行機の機内など暗い場所で操作するときに、キーボードを照らしてくれるので便利だ。また、天板を閉じたとき、あらかじめ指定した時間にスタンバイへ移行する機能が特徴的。オフィスで自分の机から会議室へ移動させるときに、半開きにしたまま持ち歩く必要がなくて便利だ。

USBは3つと余裕あり。D-sub15ピンのアナログ出力は、デスク-モバイルの両刀使いには必須の装備。ちなみに4機種の中でラッチがあるのはThinkPad X200とLet'snote F8の2機種だけだ

3) dynabook SS RX2

 dynabook SS RX2/T9Gは指紋センサーを搭載するほか、eSATA端子を備えていることが特徴だ。変換アダプター不要でeSATA接続のアクセサリーが増設できるのは、長い目で見るとかなり有利な条件と言える。

左側にeSATAポートを搭載、外付けHDDなどアクセサリーの選択の幅が広がる。また、ボリュームダイアルが分かりやすい位置についているのも個人的にはうれしい

4) Let'snote F8

 Let'snote F8はビジネスモバイルの冠を持つだけあり、OSがWindows Vista Business SP1という点が大きな特徴。Windows XP Professinalへのダウングレード権が含まれているため、Windows XP Professionalへのダウングレード用リカバリーDVDが付属している。Vista非対応のアプリケーションを使う必要がある人には嬉しい仕様だ。

本体右側にずらりとUSB端子が3つ並ぶ、ちょっと不思議な構成。左側には最新の映像出力規格「DisplayPort」の利用も可能なポートリプリケーター接続口がついている

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン