このページの本文へ

年末年始に買いたいビデオカード 第4回

今、お買い得ビデオカードはコレだ!【ハイエンド編】

2008年12月27日 20時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テスト環境

 テスト環境はアッパーミドル編などと同じで以下の表の通り。テスト内容もアッパーミドル編と共通の設定にしている。

テスト環境
CPU Core 2 Duo E8500(3.16GHz)
マザーボード ASUSTek「P5Q Deluxe」(P45 Express)
メモリー PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2
HDD HGST「HDP725050GLA360」(500GB SerialATA)
OS Windows Vista Ultimate SP1 (32bit)
チップセットドライバ Intel Chipset Software 9.1.0.1007
グラフィックドライバ GeForce 180.84
ATI Catalyst 8.12

使用マザーボード
P5Q Deluxe

●メーカー:ASUSTeK
●実売価格:2万1800円前後 

P5Q Deluxe

オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネットや8chサウンド(Realtek/ALC1200)、IEEE1394、Serial ATA II×8(RAID対応)、IDE×1を搭載している

3DMark Vantage

 3DMark Vantageでは「Performance」モードで計測した。NVIDIAの各製品は「NVIDIA PhysX」(以下PhysX)が使用できるため、それぞれOn/Offした場合のスコアを取っている。
 さて、総合スコアを見るとHD 4870X2とHD 4850X2のスコア差がほとんどない。もっといえば、PhysXを無効にした9800 GX2とGTX 280OCのスコアとの差もほとんどない。いずれの製品もパフォーマンスは同じなのだろうか?
 差がないとはいえ、一番高スコアなのはGTX 280OCだ。そこから推測するに、今回の構成ではCPUパーワーが足りてない、あるいは負荷が適正でない(軽すぎる)ことが考えられる。高性能なGPUでのマルチGPUの場合、その調停をするCPUもある程度のスピードが必要となる。また負荷が軽すぎる場合、調停を行なう間隔が短くなり、結果、調停する頻度が増えるため、CPUパワーが足りないと調停が行なえずパフォーマンスが上がらないという現象が起きる。
 つまり、今回の構成では「Core 2 Duo E8500」(3.16GHz)程度ではCPUパワーが足りないということだ。

3DMark Vantage Performance

3DMark Vantage Performance (単位:score) better→

ロストプラネット

 3DMark VantageのPerfomanceモードでは軽すぎて差が出なかったが、重いロストプラネットではどうだろうか。
 GPUパフォーマンスを見るSnowを見てみると、RadeonとGeForceできっちりスコアが分かれている。これは単にロストプラネットがGeForceに有利なためだ。そしてスコア差がない点からも、やはりCPUボトルネックが発生しているようだ。
 CPUボトルネックが起きた状態だが、HD 4870X2とHD 4850X2のスコアはほぼ同じで差は全くない。同様に9800 GX2とGTX 280OCのスコアもほとんど差がない。しかし、GeForceとRadeonの間には差が出ており、これはドライバ側の最適化による影響があると考えられる。もっとも、ロストプラネットはGeForceが高いスコアを出しやすいタイトルであるため、この結果自体に矛盾は生じていない。

LostPlanet [Snow]

LostPlanet [Snow] (単位:fps) better→

LostPlanet [Cave]

LostPlanet [Cave] (単位:fps) better→

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中