このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

BTOや下取りなど、お得なサービスをズバリ紹介

Macを買うなら知らなきゃ損! Apple Store徹底ガイド

2008年12月24日 17時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

買い取り15%アップ中 Windowsマシンでも下取り


 古いパソコンからMacに買い替えるという人は「Apple Store 下取りサービス」に注目だ。Apple Storeはソフマップと提携しており、合計で1万円以上購入した場合にMac/iPod/Windows などをソフマップの下取りに出せる。

 ポイントとなるのは、2009年1月28日までなら「2大得点」が付いてくるというところ。ひとつ目は、買い取り金額が15%アップするという点。ソフマップに直接申し込んでもキャンペーンで買い取り金額が増えることもあるが、Apple Storeで期間内なら常に15%アップだ。

 ふたつ目は無料で自宅まで引き取りにきてくれるという点だ。デスクトップ型のパソコンを中古ショップまで持っていくとなると結構な苦労だろう。その手間なく自宅で申し込みから中古品の引き渡しまでできるのはとても楽チン。ソフマップから直接引き取りサービスを利用すると3150円の出張サービス料がかかるが、Apple Storeで期間内に申し込めば無料でOK。買い替えを考えている人は、ぜひ覚えておこう。

 ちなみにApple Storeでは電話サポート(番号は0120-993-993)も実施。MacやiPodに関することだけでなく、Windowsからの乗り換えについての疑問も解消してくれる。

下取りサービス15%up

Apple Storeの左側にある「下取りサービス15%up」という項目を見逃すな!

下取りサービス

先ほどの項目で「さらに詳しく」をクリックすると、下取りサービスのページが現れる。下取りの手順や申し込み用紙を入手できるぞ


最大10%オフ! 学生限定のうれしい割引

 大学生・専門学校生でMacを欲しい人は、Apple Storeが提供している「学割」サービスを迷わず利用すべし。「Apple Store for Education」という専用のサイトが用意されていて、Apple Storeの取り扱い製品が、最大で10%オフになる(iPodなど、一部の製品は対象外だ)。

 例えば、新しいアルミボディーを採用したMacBook-2.0GHzの場合、通常価格は14万8800円だが、Apple Store for Educationなら14万2800円と6000円引きだ。ちなみに学生以外にも、教職員やPTA役員といった教育関係者も割引価格で購入できる。

Apple Store for Education

Apple Store for Educationへの入り口は、Apple Storeトップの中央下にある

購入条件に同意

購入条件に同意して、「Apple Store for Education」のボタンを押せば、学割専用サイトが開く。どれくらい安くなっているのかは、自分の目で確かめてほしい


*「玄人Macユーザーがこっそり教える、Apple Storeのココがすごい」はこちら


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン