このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

初めてからの自転車生活第1回

まずは自転車以外の予算から始めてみませんか?

2008年12月27日 20時00分更新

文● 樋山 淳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自転車用シューズ

写真はSHIMANO製SPDシューズ。この製品で大体2万程度で、ペダルをあわせると3万程度はかかるかも

 さて、これ以外にも自転車と自分の足を固定する場合には、シューズとペダルが必要となってきます。

 足を自転車に固定する理由は、ペダルへの力を逃げないようにするためだけではなく、引き足と呼ばれる引く力を使い、効率的にペダルに力を加えていくためです(この引き足に関しては諸説があるので、絶対必要とは断言できませんが)。

 主にロードタイプの自転車で、本体価格が20万程度以上のものはこういった機構を使用する事が多いようですし、そのクラスになるとそもそもペダルが最初から付いていませんから、自分で購入しなければなりません。

 予算的には結構お高く付き、最低でも2~3万円程度は必要でしょう。

その他の諸経費

 これ以外にもパンクなどした場合にすぐ直せるような携帯用工具や、予備のチューブ、また空気入れなどは携帯用と据え置き用のふたつあったほうがいいと思います。

 こう考えると、自転車の本や雑誌などでは、自転車以外にかかる予算は2~3万円程度と考えれば良いとされていますが、工具類などのメンテナンス用品まで入れていくと、3~4万円程度、ロードレースタイプの自転車でペダルやシューズまで購入するのであれば、自転車本体価格以外に5~6万円程度はかかると考えた方が良いかもしれません。

 たとえば、全体の予算が仮に10万円までとするのであれば、自転車自体にかけられる予算は5~6万円程度でしょうし、もし20万円程度までかけるのであればやはり15万円程度までが自転車の予算になります。

 さて、第1回目が、いきなりお金の話ですいません。でもこれって、結構重要な問題なのですよ、実際は。

 第2回目は、数ある自転車の種類などを紹介していきますので、お楽しみに。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ