このページの本文へ

センチュリーマイクロ「SPD PROGRAMMER」

忘れた頃にやってきた! メモリSPD情報書き換えアイテム!

2008年12月13日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 遡ること1年以上前。メモリモジュールのSPD情報を書き換えられるというユニークかつ危険な香りが漂うセンチュリーマイクロ製「SPD PROGRAMMER」を紹介したが、ここにきてようやく発売となった。

「SPD PROGRAMMER」

メモリモジュールのSPD情報を書き換えられるというセンチュリーマイクロ製「SPD PROGRAMMER」。「初心者お断り」な製品であるのは間違いない

 まさに、忘れた頃にやってきたといった印象の同製品。サンプル登場から1年以上経過しての販売となるが、基本的なスペック等に変更はない。マザーボード上のメモリスロットを切り取ったような本体にはDDR/DDR2/DDR3と3本のDIMMスロットを装備。PCとの接続はUSBで、SPD情報の読み書きには製品付属のSPD編集ソフトを使用する。
 編集ソフトを起動するといきなり数字の羅列(SPDデータ)が表示されるため、ある程度の知識が必要となるのはもちろん、書き換えた場合は製品保証が効かなくなり、最悪動作しなくなる場合も考えられる。「初心者お断り」な製品であるのは間違いないが、発売を待っていたユーザーも少なからずいた様子。販売を始めたT-ZONE.PC DIY SHOPでは、比較的好調な売れ行きだという。価格は1万9800円だ。

PCとの接続はUSBで、SPD情報の読み書きには製品付属のSPD編集ソフトを使用。なにはともあれ、発売すら危ぶまれていただけに、ひとまず登場を歓迎するユーザーもいるだろう

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中