このページの本文へ

11月29日はアクアプラスDayだった! 今年はライブとフェスタの2本立て!

まずはSuaraさん、上原れなちゃんたちが熱唱した「アクアプラスライブ2008」をお届け!

2008年12月12日 23時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

続いてSuaraさんオンステージ!
普段は聞けないレアな曲の披露も

 上原さんが「Until」を歌い上げて「ToHeart2」コーナーが終わると、上原さんはそのまま退場。すかさずSuaraさんがステージに姿を見せ、ここからはSuaraさんのターン! まずは「haunting melody」を熱唱した。

「盛り上がってくれてうれしい。私は小心者なので、みんなリアクション大きめで応援してください」と語っていたSuaraさん

 MCをはさんで「夢想歌」のカップリングとして収録されている「星想夜曲」と「MOON PHASE」の2曲を連続して歌ったSuaraさん。と、ここまでに歌った2曲の曲名を紹介するつもりが、間違えて次の「memory」を紹介してしまうハプニングが発生!
 ちなみにこの日に歌った「memory」はPS3「ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-」のハードモードをクリアした人しか聞くことのできない英語版。この英語版の歌詞の翻訳は、Suaraさん自身が担当したとのこと。翻訳の際には、日本語の歌詞を英語にした後、さらに日本語に戻して間違っていないかを確かめつつ行なったため、3ヵ月近くもかかってしまったと苦労を語っていた。

「memory」の英語版については「一般的な英語だけではなくファンタジーの世界の単語の翻訳に苦労しました」といった苦労話も

 英語版の「memory」の後は、「うたわれるもの ~散りゆく者への子守唄~」のオープニング曲である「君だけの旅路」を続けざまに歌い上げるSuaraさん。彼女が「君だけの旅路」を歌い始めると、これまでおとなしく座っていた客席の観客の多くが立ち上がるとともに、サイリウムが振られる本数も一気に増加! ここで会場のボルテージが一気に上がったようだ。しかし、Suaraさんのステージもここで終了。続いて登場するのは、“我こそはうたわれるもの”を自称するあの男!

(次ページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ