このページの本文へ

バッファローの「FTD-W973HSR/BK」

机置きにちょうどいい19インチワイドの液晶ディスプレー

2008年12月10日 21時06分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは10日、HDCP対応のDVI-D端子を搭載した19インチのワイド液晶ディスプレイ「FTD-W973HSR/BK」を12月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、直販価格は2万1800円。

FTD-W973HSR/BK

FTD-W973HSR/BK。液晶パネルには光沢感のあるグレアパネルを採用。カラーはブラックのみ

 最大解像度は1440×900ドット。デジタル映像の著作権保護システム「HDCP」に対応したDVI-D端子を搭載。HDCP対応の映像機器との組み合わせで、ブルーレイコンテンツや録画した地デジ放送の番組などの視聴が可能となる。また、アナログRGB(D-Sub15ピン)端子も搭載しているため、デュアルディスプレイ環境も構築できる。


 同時に、廃棄時に別途費用負担が不要であることを示す「PCリサイクルマーク」付きの17インチディスプレイ「FTD-G773ASR/BK」を12月下旬に発売する。価格はオープンで、直販価格は1万9800円。

FTD-G773ASR/BK

FTD-G773ASR/BK。最大解像度は1280×1024ドット。接続方式はD-sub15ピンに対応している


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中