このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

イベント「SpursEngine Start-up!」レポート

東芝、SpursEngineイベント開催! あまりの人気に入場規制も

2008年12月06日 23時55分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

超解像技術 - SD映像がHD映像に!

 さらに「SpursEngine」は、高速トランスコード処理のほか、すでに手元にあるSD映像もSpursEngineにより再構成型フレーム内超解像と呼ばれるアルゴリズムで、同じ画像の中でパターンの似た部分を探し出し、見つかった部分どうしを重ね合わせることで画素を増やす超解像技術も特徴とアピール。この処理により元のSD映像から鮮やかで解像感の高いHD映像が得られるとした。

超解像技術 再構成型フレーム内
図解 すでに手元にあるSD映像もSpursEngineにより再構成型フレーム内超解像と呼ばれるアルゴリズムで、同じ画像の中でパターンの似た部分を探し出し、見つかった部分どうしを重ね合わせることで画素を増やす超解像技術もアピール

SpursEngine SDKは無償配布を発表!

 リードテックジャパンのプレゼンテーションではWindows Media Playerで超解像度再生を体験できるサンプルプログラムを内蔵したSDK(ソフトウェア開発キット)を無償配布すると発表した。配布は年内を予定している。また、AVCHDも検討中とした。
 その後バトンタッチでプレゼンを続けた東芝では、SDKを無償公開について、「SpursEngine」搭載製品を購入した人が各々ツールを開発し公開することで、さらに多くの「SpursEngine」搭載製品が売れるという好循環を期待しているとした。なお、SDKのダウンロードはリードテックのウェブサイトにて実施されるとのことだ。

SpursEngine SDK無償配布 実施内容
リードテックジャパンのプレゼンではWindows Media Playerで超解像度再生を体験できるサンプルプログラムを内蔵したSDK(ソフトウェア開発キット)を無償配布すると発表

 この他にも、SpursEngine対応ソフトウェアメーカーによる対応ソフトの解説などのプレゼンテーションではが行なわれた。

各プレゼンテーションの後にはじゃんけん大会

 各プレゼンテーションの後にはカフェソラーレイベントでは好例のじゃんけん大会が行なわれた。賞品として「SpursEngine」を採用するLeadtek「WinFast PxVC1100」やトムソン・カノープス「FIRECODER Blu」やPlayStation 3なども用意された。

好例のじゃんけん大会 好例のじゃんけん大会では、Leadtek「WinFast PxVC1100」やトムソン・カノープス「FIRECODER Blu」、PlayStation 3なとがプレゼントされた

 終始大入りの会場を見ると、「SpursEngine」がいかにエンドユーザーに注目されているか、人気の高さがうかがえるイベントとなっていた。

【訂正とお詫び】初出時、一部表記を誤って掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。

【取材協力】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン