このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

BIOSTAR製X58マザー「TPower X58」が満を持して登場!

2008年12月11日 22時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BIOSTAR MICROTECH(以下、BIOSTAR)といえば、どちらかと言えば安価なマザーボードを得意とするメーカーという印象を持っている方も多いだろう。しかし同社はPentium(Socket5)世代の頃から日本でも販売されており、当時あまたに存在したマザーボードメーカーが消え行くなか、現在でも生き残っている老舗メーカーなのだ。当時はミドルレンジクラスのマザーボードを得意としていた同社だが、現在はグラフィックス内蔵チップセットを搭載するmicroATXマザーボードをいち早くリリースするメーカーとして知られている。

 もちろんmicroATXばかりではない。オーバークロッカー向けのマザーボード「TPower」シリーズは、CPUの世界記録を競う「オーバークロック ワールドレコード データベース」(http://www.ripping.org/)でも上位ランカーに使用されているなど、実績も着実に積み上げている。現在は首位を明け渡してしまったが、一時期「Phenom X3 8450」にて3093.02 MHzの世界記録達成するなど、その実力は世界のオーバークロッカーが認めるメーカーとしてBIOSTARは活躍している。

TPower X58

「Intel X58 Express」チップセットを搭載するBIOSTAR製マザーボード「TPower X58」

 そのTPowerシリーズに「Intel X58 Express」チップセットを搭載する「TPower X58」がラインナップに加わった。というわけでTPower X58のスペックを見ていこう。
 メモリはDDR3 800~1333MHz、さらにオーバークロックにて1600、1866MHzまで対応する。搭載できる最大容量は24GB(4GB DIMM×6)と、Core i7の制限一杯まで積むことが可能だ。
 PCI Expressは x16スロットを3つ備え、上から順にx16/x16/x4動作する。そしてATI CrossFireXおよびNVIDIA SLIの3-wayに対応するため、ハイエンドなグラフィックス環境の構築が可能だ。なおマニュアルによるとATI CrossFireX構成時はx8/x8/x4となるようだが、3-way SLI構成時のレーン数については不明だ。

TPower X58

DDR3 DIMMを最大6本、24GBまで搭載可能

TPower X58

拡張スロットはPCI Express x16(x16/x16/x4)×3、PCI Express x1×1、PCI×2という構成

 特徴はこれだけではない。TPower X58のCPU電源回路は12フェーズで、TDPの高いCore i7を余裕でドライブしてくれる。さらにメモリコントローラ用にも2フェーズの回路を備えるほか、使われているコンデンサはすべて固体コンデンサとなっており、安定性と品質の高さも兼ね備えているのだ。
 安定性の面では大型のチップセットヒートシンクとヒートパイプによる「High efficiency thermal solutionSpace-Pipe」を採用し、高い冷却性能を実現し、熱によるトラブルを極力廃する「TPower」シリーズの特徴を受け継いでいる。

TPower X58

CPUのVRM回路構成は12フェーズと必要十分

TPower X58

I/Oパネル部はIEEE1394a×1、USB 2.0×8、eSATA×2、ギガビットイーサネット×2、8chオーディオ、S/PDIF Out (Optical/Coaxial)などを搭載

 またオーバークロッカーには便利な機能もいろいろ備えている点も注目したい。オーバークロック実験はケースに組み込ままないバラック状態、もしくはタワーケースに組み込んでも横倒しにてテストすることも多いと思われるが、そんな時に便利なのが、マザーボード上に装備された電源スイッチやリセットスイッチだ。TPower X58には両方とも装備されているほか、起動時の障害を切り分けるのに便利なPOSTコードを表示する7セグメントLEDも備え、オーバークロック時に何が障害になっているのか、判定しやすくなっている。

TPower X58

電源スイッチ、リセットスイッチ、POSTコードLEDがマザーボード上に搭載され、オーバークロックにトライする時は便利だ

TPower X58

長尺なビデオカードを挿した際にSATAケーブルが邪魔にならないよう、横向きに配置されている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中