このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

タッチスクエアの正体は!?

2画面ノートはスゴかった!富士通「FMV-BIBLO NW」シリーズ

2008年12月15日 13時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「タッチスクエア」
「タッチスクエア」はメインディスプレーのヒンジの手前、キーボードの上に位置する

 「ノートパソコンに画面は1つ」というのは誰が決めたのか? あえて言うなら自分か。「常識」という名の思い込みである。 

 そんな常識を打ち破る画期的なマシンが富士通から登場した。ヒンジの下に小型のタッチパネルディスプレー「タッチスクエア」を埋め込んだ「FMV-BIBLO NW」シリーズ(NW/C90N)だ。この気になるマシンをいち早く写真で紹介する。


ショートカットボタンは主張するぐらいがちょうどいい

「FMV-BIBLO NW」シリーズ
「FMV-BIBLO NW」シリーズ

 タッチスクエアのデフォルトの役割はアプリケーションのショートカットボタン(スタートランチャー)である。ウェブブラウザーやテキストエディター、ヘルプなど、画面のアイコンにタッチするだけで起動できる。

タッチスクエアの「スタートランチャー」
タッチスクエアの「スタートランチャー」。アイコンにタッチすることでアプリが起動する

 タッチスクエアにはアプリのアイコンと名称が表示され、一目で何のアプリケーションかが分かるようになっている。これが予想以上に効果的だ。

スタートランチャーの設定画面
スタートランチャーの設定画面。最大15個のアプリケーションが登録できる

 通常のパソコンでもキーボードの上にショートカットボタンが並んでいると思う。ただ、小さいボタンの周囲にアイコンのみがプリントされているようなショートカットボタンは、その存在すら目に入らない。

 一方でNWのタッチスクエアは、グラフィカルな画面と液晶パネルの高い輝度が「アプリを起動するなら俺を使ってくれ!」と積極的に訴えかけている印象を受ける。ゆえにアプリを起動する際には、まずタッチスクエアに目が行く。そして気が付くと画面にタッチしているのである。

前へ 1 2 3 4 次へ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通