このページの本文へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile第13回

フルアルミのMacBookをWindowsユーザー視点でチェック

2008年12月04日 14時43分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウィンドウズユーザーにも敷居が低い
マルチタッチトラックパッド

マルチタッチトラックパッド ボタンのない大きな「マルチタッチトラックパッド」。パッドの下側がボタンになっている

 ボタンのないタッチパッドは、パッド全体がボタンとなっている。実際には上部にヒンジがあり、パッドの下部をボタン代わりに押す感覚である。そのため、使ってみると見た目ほど違和感はない。「ボタンはないが、下部にボタンがあるつもりで使う」のが、ストレスのない使い方である。逆に、パッドの一番上を押すと「クリック」として認識されづらい。

 Windowsからの移行者・併用者にありがたいのは、今回のタッチパッドより、「右ボタンクリック」に近い機能が搭載されたことだ

マルチタッチトラックパッドの設定画面 Mac OS X上での、マルチタッチトラックパッドの設定画面。「副ボタン操作」をタッチパッド右下隅などに設定すると、Windowsユーザーには使いやすいだろう。ただし、この機能はMac OS Xだけで利用可能で、残念ながらWindows上では使えない

 ご存じのように、Macは基本的に「ワンボタンマウス」の文化だ。Windowsと併用する人の場合、右クリック(マックでは「副ボタン操作」と呼ぶ)を使った方が、Windowsと操作性が近くなるのでありがたいのだが、ノート型Macの場合、そもそもボタンがひとつしかないため、同じ操作がしづらい。もちろん「Ctrlキー+クリック」で代用はできるのだが、今度はWindowsに戻った時にそのクセが出てイライラする……といったことが起きる。

 だが、今回搭載されたボタンのない「マルチタッチトラックパッド」では、右下隅を押すことで、マウスの右クリックを代用する機能が実現された。これなら、違和感はかなり少なくなる。

 「マルチタッチ」の名のとおり、このパッドでは2本指、3本指、4本指を使った操作ができる。中でも便利なのは、3本指の左右移動でブラウザの「進む」「戻る」操作を代用できること、そして、4本指の操作でアプリケーションの切り換えが可能な点である。特に3本指での操作は、Windowsノートでも使いたいと心から思うほど便利である。

 ただし、Windowsとのデュアルブートを実現する「Boot Camp」を使ってWindowsを起動した場合、マルチタッチトラックパッドの多くの機能は動作しない。3~4本指での操作と画面隅タップによる副ボタン操作は、現時点では利用できない。タッチパッドのWindows用ドライバーがまだ未整備なためであろう。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン