このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

不要なページ印刷を省いて時間もコストもエコしよう

今使ってるオフィスプリンターでエコ印刷できるソフト4種

2008年12月05日 04時00分更新

文● 佐久間康仁/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近のプリンター選びのキーワードは、「速さ」「安さ」だけでなく、「エコ」「省トナー(インク)」も重要視されている。しかし、オフィスのプリンターは簡単に買い換えられるものではない。ならば、ソフトウェアで省ページ、省インクのエコプリントを実現してみてはいかがだろうか。

 最近発表された印刷コストの削減を実現する新製品をピックアップしたのが下の表だ。

エコ印刷ユーティリティーソフト
製品名 LBプリントセーバー Eco2 節約プリントPro/
節約プリント
トナー・カッター Ver.2.2 エコぷりんと2 Pro PDF/
エコぷりんと2 Pro
/エコぷりんと2
メーカー ライフボート ジャングル TCBテック アクティブ・ウェーブ
価格 9975円 7140円/3980円 5000円(ボリュームライセンスあり) 9240円/7140円/6090円
機能概要 ライフボート
公式サイト
ジャングル
公式サイト
TCBテック
公式サイト
アクティブ・ウェーブ
公式サイト
体験版 LBプリントセーバー Eco2体験版 節約プリントPro体験版(12月中旬配布予定) トナー・カッター体験版 エコぷりんと2体験版

LBプリントセーバー Eco2

ライフボート「LBプリントセーバー Eco2」のパッケージ

節約プリントPro インク&トナー+用紙セーブ

ジャングル「節約プリントPro インク&トナー+用紙セーブ」のパッケージ

トナー・カッター Ver.2.2

TBCテック「トナー・カッター Ver.2.2」の印刷画面。スライドバーでインク/トナーのセーブ量を設定できる

エコぷりんと2 Pro PDF

アクティブ・ウェーブ「エコぷりんと2 Pro PDF」の画面。インク/トナーのセーブ量によって樹木が大きくなる

 いずれもインクジェットプリンター/ページプリンター(トナー)の両方式で利用可能で、インク/トナーの使用量を最大75%削減できるほか、不要ページの削除(後述)、複数ページを1枚にレイアウトする面付け印刷、A3→A4といった縮小印刷、「社内秘」などの透かし/コメントを追加するアノテーション(編集)などが共通して利用可能だ(対応OSもすべて共通で、Windows Vista/XP/2000)。

 個々の製品の違いや詳細については、表の機能概要からリンク先のメーカーサイトを参照していただきたいが、上位版にはPDF出力機能があったり、インク/トナーをセーブする効果を価格シミュレートしたり、といった付加機能の有無が価格に反映されている。


 (次ページ、「LBプリントセーバー Eco2(試用版)を使ってみた」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ