このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スタミナ切れはこれで克服!

iPhone外部バッテリー選びのポイント

2008年12月01日 19時38分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オススメ3機種はこれ!


 実際に製品を選ぶとなると、重量や色、価格も気になる。外出時に気軽に持ち歩き、まる1日安心して使える製品を、汎用型、一体型、直結型、各タイプの中からピックアップしてみた。特徴やメリットをまとめたので、購入時の参考にしてほしい。



汎用型「ポケットバッテリー2200mAh


色がグレーなので、白いiPhone 3G、黒いiPhone 3G、どちらにもなじむ

 メーカー:pocketgames
 実売価格:3800円前後
 バッテリー容量:2200mAh
 電圧/電流(出力時):DC5V/1000mAh
 重量:約72g


  
  • iPhone 3Gを1.4回フル充電可能
  • iPhone 3Gのバッテリーが空っぽの状態からでも充電可能
  • 約30分で50%まで充電できる性能は他の製品と大差ないが、フル充電完了までが約1時間20分と早い
  • 同タイプの製品で最小、最軽量クラス。持ち歩いても気にならない
  • 性能が高い割に安価。同タイプ、同容量の製品は5000円前後のものが多いので、およそ2~3割は安い
  • USBポートから出力するので、iPhone 3G以外のデジタル機器でも活用できる


一体型「iPower for iPhone 3G


「iPower for iPhone 3G」

iPhoneの背面にぴったりと取り付けるタイプ。白く点灯しているのはカメラ用のフラッシュライト

 メーカー:pocketgames
 実売価格:8400円前後
 バッテリー容量:2300mAh
 電圧/電流(出力時):DC5V/1200mAh
 重量:約90g


  • iPhone 3Gを1.5回フル充電可能
  • iPhone 3Gのバッテリーが空っぽの状態からでも充電が可能
  • ケース一体型で、バッテリーが空っぽになってからでも充電できるのは本製品だけ
  • 約30分で50%まで充電でき、フル充電まで3時間かかるという性能は平均的
  • 暗所での撮影に役立つフラッシュライトや、お絵描きなどに便利なスタイラスが背面に付いている
  • iPhone 3Gの厚さは12.3mm。iPower for iPhone 3G取り付け時の厚さは約20mm

  • 色は落ち着いたブラック×ブラックのほか、オレンジ×ホワイトのツートーンカラーも選べ、高級感もある
  • ケースにDockコネクターが付いているので、iPhone 3Gに装着したまま同期や充電が可能


直結型「MyBattery i Dock L


「MyBattery i Dock L」

iPhone 3Gと一体感のあるデザインで、スッキリしている

 メーカー:JTT
 実売価格:6500円前後
 バッテリー容量:1800mAh
 電圧/電流(出力時):DC5V/500mA
 重量:約50g


  • iPhone 3Gを1.2回フル充電可能
  • バッテリーが空っぽになってからでは充電が開始されない。容量10%からであればフル充電できた
  • フル充電まで3時間かかるというのは平均的だが、約30分で70%まで充電できるのは比較的早い
  • 同タイプの製品の中でもっとも大容量
  • 保護キャップ付きなので、カバンの中などに放り込んでもDockプラグを痛めない
  • 各種安全回路(過充電、過放電、過電圧、過電流、ショート、自動オフ)が充実し、安心して使える



スタミナ重視派には「エネループ KBC-L2S」がオススメ


シンプルデザインが人気の「エネループ KBC-L2S」

三洋電機のUSB出力付きリチウムイオンバッテリー「エネループ KBC-L2S」が気になっている人も多いだろう。同製品は、iPhone 3Gに公式に対応しているわけではないが、実際に試してみたところiPhone 3Gを充電することができた。容量は5000mAhと現行製品でもっとも大きく、iPhone 3Gのバッテリーが空っぽの状態からでも約3回ほどフル充電できるので安心感がある。そのぶん重量は130gとヘビー級なのでとにかくスタミナ重視の人にオススメだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン