このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「New Xbox Experience」はココが変わった! 第3回

欲しいものが探しやすくなった「マーケットプレース」

2008年11月28日 21時00分更新

文● 飯塚/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いまや据え置きゲーム機になくてはならない存在となった「ダウンロードコンテンツ」(DLC)。各ハードでは、インターネットを介してゲームの追加コンテンツや体験版、ゲームそのものをダウンロードできるようになっている。

代表的なDLCといえばやっぱり「アイドルマスター ライブフォーユー!」。新曲もバリバリ配信されておりますよ

 いち早くダウンロードコンテンツを取り入れたXbox LIVEでは、逆に量が多すぎて目的のコンテンツになかなかたどり着けないという問題が生じていた。NXEではその問題を解消すべく、ダウンロードコンテンツを扱う「マーケットプレース」を大きく改良しているのだ。

ゲームとビデオの2つにマーケットプレースメニューを分割

 従来は1つの画面から選んでいたコンテンツを「ゲーム マーケットプレース」と「ビデオ マーケットプレース」の2つに分割。タイトルを決める前にコンテンツの種類からまずは選べるようになっている。

以前は左端のタブにあるマーケットプレースからコンテンツを探していた。さらに前の時代はこのタブもなかった

追加コンテンツなどを探せる「ゲーム マーケットプレース」と、トレーラーなどの映像を探せる「ビデオ マーケットプレース」の2つに分割

 ただし、ビデオ マーケットプレースの真価は、米国などの地域では実施されているテレビドラマや映画などの配信にある。日本では諸問題によって開始されていないので、あまりビデオ マーケットプレースの恩恵は得られていないのが実情だ。

北米では「Heroes」などのTVドラマも配信されているのだ

タイトル名からコンテンツが検索可能になった

 従来のダッシュボードでは、欲しいコンテンツがあった場合にまずタイトルのジャンルを探して、ジャンルからさらに該当するタイトルまで画面をスクロールさせて選択する必要があった。また、そのジャンルに求めるタイトルが無かった場合は、またジャンルから探し直しという手間がかかった。

こちらは旧ダッシュボードのマーケットプレース。新着や人気のコンテンツにリストされていれば話は早いのだが、なかったらジャンル探しからスタート!

 この手間をなくすため、NXEでは新たに「探す」というメニューを追加。タイトル名の打ち込みはできないが、タイトルの頭の文字さえ分かれば、すぐに目的のタイトルにたどり着けるようになっているのだ。もちろん、従来通りジャンルからの検索も可能だ。

新たに「探す」メニューができたので、目的のタイトルにすぐにアクセスできるようになった

ためしに「き」で検索してみた。「Gears of War」(ギアーズ・オブ・ウォー)といった英語名のタイトルもリストアップされる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ