このページの本文へ

オンラインウェア一問一答第69回

マウスカーソルを「ワープ」させる「Wraparound」

2008年11月29日 12時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
大きなモニターを使っていると、マウスカーソルを端から端に移動させるときが面倒です。何かいい方法はありますか。
A
画面の端から反対側へカーソルを移動させるソフトがあります。これを使えば、マウスをさほど動かさずに済みます。
今回紹介するオンラインウェア
Wraparound Wraparound
開発元/Digital Cow Software
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.digicowsoftware.com/

画面の端まで行くと反対側にワープする

 「Wraparound」は、モニターの両サイドと上下を結びつけてくれるソフトだ。大きなモニターを使っていると、マウスカーソルの移動距離が長くなる。特に端から端への移動は面倒だ。このソフトを利用すれば、右端に持っていったカーソルをそのまま左端に移動させられる。ファイルやウィンドウをドラッグした状態でも移動できるのは便利だ。

Wraparound
マウスカーソルを右端に持っていくと(左図)、左端から現れる(右図)。上下左右の組み合わせも可能だ。修飾キーと組み合わせれば、誤ってマウスカーソルが移動してしまうことを防げる

 Exposéを割り当てている場合は、スクリーンコーナーでのカーソル移動を無効にしたり、特定のソフトが最前面にある際にはカーソルが反対側に移動しない設定も可能だ。このほかに環境設定で、上下左右の移動を個別にセットできる。ただし、上下の移動を有効にした際は、カーソルをメニューやDockに勢いよく移動させると反対側に飛び出てしまう。操作性が低下してしまうので注意が必要だ。

Wraparound 「Edges」でデスクトップの上下左右、個別のアプリケーションでの動作を指定できる。メニューバーのアイコンから、本ソフトの起動や環境設定を呼び出せる

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中