このページの本文へ

WindowsからLeopardを遠隔操作!

2008年11月28日 17時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】WindowsからMacを遠隔操作できる?

  • a.できる
  • b.できない
  • c.オンラインウェアが必要

【答】

 Leopardでは「画面共有」により、Mac同士だけでなくWindowsマシンからの遠隔操作も比較的簡単になった(関連記事)。

 Mac側の準備は、「画面共有」を有効にして、オプションの「コンピュータ設定」で「VNCの使用者が〜」にチェックを入れ、接続に必要なパスワードを設定するだけ。

 そしてWindows側は、VNCソフトを使ってアクセスする。お勧めはフリーウェアの「RealVNC」だ。インストールしたマシンの遠隔操作を可能にする「サーバ」ソフトと、ほかのマシンを遠隔操作するための「クライアント」ソフト(VNCビューアー)がひとつのパッケージになっている。

 RealVNCを起動したら、最初に「オプション」ボタンをクリックして、デフォルトの「カラーレベル」を「フル」に変更する。続けて、遠隔操作するMacのIPアドレスを入力して「OK」ボタンをクリックし、Mac側で設定したパスワードを入力しよう。「OK」を押せば、ウィンドウ内にMacの画面が表示されるはずだ。

図1 起動したあと「オプション」ボタンをクリックして、「カラーレベル」を「フル」に変更する。標準設定の64色のままでは、Leopardのモニターへの同時出力色数を下回るからだ
図2 「サーバ」にMacのIPアドレスを入力して「OK」をクリックし、次の画面でパスワードを入力する
図3 認証が済むとウィンドウが表示され、接続先のMacのデスクトップが表示される。共有を解除するには、Macのメニューバーから「(IPアドレス)を接続解除」を選択しよう

 というわけで、正解はcとなる。


筆者紹介──小原裕太(おばらゆうた)

出版社勤務を経て、2003年に独立したフリーランスライター。ヨドバシ通いを止められない物欲依存症をせめて仕事に活かそうと、書籍、雑誌、 ウェブの原稿執筆に駆けずり回る日々。症状完治の見込みはないのかもしれないと思い始めた今日このごろ。主な著作は、「iPod & iTunes HACKS」(辰巳出版)、「MacStyle入門ガイド」(翔泳社)、「iPhone 3G Style Book」(毎日コミュニケーションズ)、「Mac OS X逆引き大全」(秀和システム)など。連絡先はこちら


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中