このページの本文へ

ビギナー必見!【OS Xクイズ】 第91回

ビギナー必見!【OS Xクイズ】

とっても簡単 Leopardのフォルダー共有

2008年11月26日 13時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】任意のフォルダーを共有するには?

  • a.「ファイル共有」でフォルダーを指定する
  • b.フォルダーの情報ウィンドウで設定する
  • c.「パブリック」フォルダー以外は共有できない

【答】

 Leopardでは、「ホーム」の「パブリック」フォルダーだけでなく、任意のフォルダーを共有フォルダーとして使える。これは、Mac OS 9までは可能だったが、セキュリティー上の観点から従来のOS Xでは採用が見送られていた機能だ。

 共有を開始するには、「システム環境設定」の「共有」パネルで「ファイル共有」にチェックを入れて、「共有フォルダ」に任意のフォルダーをドラッグ&ドロップすればOK。また、フォルダーの情報ウィンドウを表示して、「共有フォルダ」にチェックを入れてもいい。

図1

「共有フォルダー」にフォルダーをドラッグ&ドロップするだけ。必ず「+」をクリックして接続可能なユーザーを選択し、アクセス権を設定しよう


 ということで、正解はaとbだ。


筆者紹介──小原裕太(おばらゆうた)

出版社勤務を経て、2003年に独立したフリーランスライター。ヨドバシ通いを止められない物欲依存症をせめて仕事に活かそうと、書籍、雑誌、 ウェブの原稿執筆に駆けずり回る日々。症状完治の見込みはないのかもしれないと思い始めた今日このごろ。主な著作は、「iPod & iTunes HACKS」(辰巳出版)、「MacStyle入門ガイド」(翔泳社)、「iPhone 3G Style Book」(毎日コミュニケーションズ)、「Mac OS X逆引き大全」(秀和システム)など。連絡先はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中