このページの本文へ

モノクロ写真で楽しむデジイチ

2009年01月05日 12時00分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部、撮影●岡田清孝

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

雰囲気のあるモノクロ写真を作る

 さらにPhotoshopなどの画像編集ソフトをうまく使えば、モノクロで印刷しただけでは表現できない、いろいろな表現が加えられる。ここでは誰でもスグできる、簡単テクを3つ紹介しよう。Photoshop CS3の焼き込みツールを使った画像1、フィルタ機能でノイズを加えた画像2、フィルタ機能で赤外線を加えた画像3の3種類だ。一味加えるだけで、モノクロ写真がより一層楽しくなるはずだ。

【画像1】焼き込み

右の写真はモデルの表情を引き立てるため周辺を焼き込んでいる。撮影したときの光量を基に、場所によって黒さをの濃淡をつけることで不自然にならないように気をつけ、自然な表情をそのまま活かした

【画像2】ノイズ

【画像2】洋館の中で撮影。ノイズを乗せることで、どこか懐かしさやノスタルジーを感じさせる効果を狙った

【画像3】赤外線

【画像3】廃墟マニアにも有名な根岸競馬場の跡地。いまは使われていない建物が蘇ってくるような、幻想的な雰囲気を狙った。建物のフォルムの迫力が出てくる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン