このページの本文へ

オンラインウェア一問一答第63回

ショートカットを手早く表示「KeyCue」

2008年11月17日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
ソフトのショートカットキーがなかなか覚えられず、いちいちメニューバーから機能を呼び出しています。
A
使用中のソフトのショートカットキーの一覧を表示するソフトを使えば、キーボードから手を放さずに操作できます。
今回紹介するオンラインウェア
KeyCue KeyCue
開発元/Ergonis Software
種類/シェアウェア(19.99ユーロ)
インストール/単純コピー
http://www.ergonis.com/

「コマンド」の長押しでショートカットを表示

 Macのメニュー項目は、基本的にデスクトップのメニューバーの左上に固定されている。マウスを使わなくても済むように多くのメニューにはショートカットキーが割り当てられており、使用頻度の高い操作をショートカットで行うと作業効率が向上する。しかし、ショートカットキーのすべての組み合わせを覚えるのは難しいだろう。そこで「KeyCue」の出番となる。

 「コマンド」キーを長押しするだけで、アクティブになっているソフトのショートカットキーを一覧表示する。

KeyCue
KeyCueでは、メニュー項目が黄色くハイライト表示され、現在押している修飾キーのみを利用するショートカットキーがわかる。「コマンド」キーなどの組み合わせ一覧も確認可能

 ほとんどのショートカットキーが「コマンド」キーとの組み合わせなので、そのまま使用するメニューの組み合わせのキーを押せばいい。キーボードから手を放さずに操作できるので、テキスト入力中には特に重宝するだろう。表示するメニューの内容は環境設定で変更可能だ。

KeyCue KeyCueの環境設定ウィンドウを開く場合は、ショートカットキー一覧が表示されている状態で「コマンド」+「option」+「K」キーを押すか、KeyCueのアイコンをダブルクリックすればいい。環境設定からKeyCueを終了することもできる

ご要望をお寄せください

 付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中