このページの本文へ

スピードも正確さも格段にアップ! 日本語入力「MS-IME」の強化書 第2回

文字入力のスピードアップを図る6つの技

2008年11月14日 08時00分更新

文● 小野 均

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スピード技-5
人名や地名を最速で正しい変換にする

 普通の読みからは簡単に変換できず、変換候補にまったく表示されないような特殊な読み方をする人名や地名は多い。

 これをすばやく正確に変換できるようにするには、変換モードの「人名/地名」を利用する。

 これで、読みの難しい人名や地名が一発で候補に表示される。

初期状態では変換候補に人名や地名が出てきにくい

通常の変換候補には、特殊な人名や地名が表示されることは少ない

言語バーの変換モードを人名/地名に変更

入力前に、言語バーの[変換モード]→[人名/地名]をクリック

人名地名辞書が有効になった

「人名地名辞書」が有効になり、特殊な人名や地名が候補に表示される

人名や地名を素早く正しく変換可能にする手順


スピード技-6
「お」と入力するだけで「お世話になります」
が変換候補に出るようにする

 日常的に使用頻度の高いあいさつ文などは、単語登録しておくといい。

 これは、たとえば「お世話になります」という文章を入力するとき、[お]と入力するだけで変換できるようにすること。

初期状態では変換候補に人名や地名が出てきにくい

通常の変換候補には、特殊な人名や地名が表示されることは少ない

言語バーの変換モードを人名/地名に変更

入力前に、言語バーの[変換モード]→[人名/地名]をクリック

人名地名辞書が有効になった

「人名地名辞書」が有効になり、特殊な人名や地名が候補に表示される

人名や地名を素早く正しく変換可能にする手順

 登録は、単語や文章でもメールアドレスや住所でも構わない。また、一般的な読みからは変換できない語句などを登録しておくのも便利だ。こうして自分用に辞書を鍛えていくと、入力作業はかなり楽になる。


 (次ページ、【プラス1】記号の入力もこうすればラクラク!、へ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ